不妊治療と妊娠できない理由や原因を知る事で(30代40代後半だとしても)自然妊娠も安産も兼田道引式では可能なのだそうです。

2009/7/31


不妊治療といえば、、、
(タイミング法でも赤ちゃんを授からない時には)
選んだ精子を子宮に入れて受精する確率を上げよう、、、という
人工授精に
体外で精子と卵子を受精し、その受精された受精卵を
子宮に入れて着床する(妊娠する)確率を上げよう、、、
という方法と、、、
顕微授精のように選んだ精子と選んだ卵子を人工的に受精させてから
子宮に戻し、、着床する確率(妊娠成功率)を上げよう
・・・・という方法などを思い浮かべます。

ですが、、人工授精で約10%の成功率
体外受精で約30%の成功率、、、といわれているそうです。

今、自然妊娠する確率が約25%という事なので
確かに自然妊娠する確率よりも人工授精の方が
一見、妊娠する確率が高いように思えますが、、、、、

それらの方法を行っても妊娠できずにいる方たちがいるのも
(約90%〜約70%の確率)現実です。

けれど、
どんなに病院へ通っても赤ちゃんを授からないなら
「赤ちゃんができない体質」なのか、、、というと
そうではなかったのです。

原因不明の不妊は「赤ちゃんができない本当の理由」を
知らないだけ、、、、と兼田さんは語っています。

妊娠できない本当の理由をしり
ある事を一日2回する事で30代後半40代後半であったとしても
自然な妊娠は可能だったのです。


>>多くの人が気がついていない
  「妊娠できない本当の理由」とは




以下のサイトも参考に
高齢出産=ダウン症?
38歳で自然妊娠するには
42歳の自然妊娠のポイント

1

2009/7/31

不妊治療で自然妊娠の確率は・・  不妊治療と原因【自然妊娠で安産】兼田道引

赤ちゃんが欲しいのに、、なかなか授からない、、
病院へ行って不妊治療を開始したものの

時間とお金ばかりがかかり、、一向に着床(妊娠)する
気配を感じられない、、、、しまいには・・・
お医者さんから「赤ちゃんを諦める」よう言われてしまった。

「子供ができにくい体なのかもしれない。。」と
思うようになった、、、、、。など

もし、その悪循環にはまっていたとしたら
病院へのかかり方、、だけじゃなく

妊娠に対して大きく誤解しているかもしれません。

30代後半40代後半であっても
自然な妊娠は可能、、、、と兼田さんは語っています。
 

>>兼田さんってどんなひと?


兼田さんの超妊娠法でいえば、
卵巣の機能が落ちていたとしても、、ホルモンに障害があったとしても
1日2回ある事をするだけで、、妊娠しやすい体に
近づいていくのです。。



参考にコチラのサイトもどうぞ。
高齢出産と自然妊娠
39歳の自然妊娠は?
妊娠力の本
2

2009/7/31


今現在の自然妊娠率は約25%といわれているそうです。
不妊治療によくある体外受精にいたっては、、、
高齢になればなるほど着床率や妊娠率は落ちる、、、と
言われ、、、、高齢になればなるほど、、
流産や障害の確率も高くなるといわれているそうです。

けれど、不妊に悩む方の中には
二人目、、、三人目を望んだときになかなか赤ちゃんができず、、
不妊の治療へ通う事が多いようですが・・・・・

それでも、、病院へ行ったからといって
必ず妊娠できる、、という事ではなく、、、
何件もも病院を渡り歩く、、、、という事も少なくないようです

・・・・・・が、、、、、。

もし、あなたもそうだとしたら
妊娠に対する考え方自体が間違っている可能性があります。

鎌田さんの超妊娠法の実践者である30代40代後半の方でも
その92%が妊娠ができているのです。

>>鎌田さんの超妊娠法はコチラ

まず、「妊娠できないの本当の理由を知ること」から
始めましょう、、、と兼田さんは語っています。

一日2回ある事をし続けるだけで
自然に妊娠する体に近づいていくのです。


このサイトも参考にご覧ください。
ホルモンバランスと不妊
高齢出産の着床率
40歳以上の自然妊娠ノウハウ
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ