2016/12/29

12月17日(土)運転会報告  運転会

広報課、お茶葉です。
17日(土)に本年最後となる運転録活動を執り行いましたので報告致します。

クリックすると元のサイズで表示します
いつものマンション集会場ですが、久々の和室での実施となりました(単に洋室が取れなかっただけですが…)。
都合、モジュールも駅部と信号場のみの短縮形態ですが、一方で直置きできる利点を生かし、16番ゲージの複線周回線も設けられました。

クリックすると元のサイズで表示します
京阪大好き会長の8000系電車。
一見すると普通の8000系にしか見えませんが…

クリックすると元のサイズで表示します
まだ実車すら登場していない来年登場予定、京阪初の有料指定席車「プレミアムカー」が連結された編成です!!
最早、当運転録、横浜の鶴見ではなく"大阪の鶴見(緑地)"を名乗っても恥じる事の無い京阪サークルと化しています(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します
そしてこちらは運転録お初、16番ゲージ。
天賞堂のEF58形電機です。
この車輌(模型)、専用のコントローラーを用いる事によって、車輌本体から警笛やらブロアー音を鳴らす事が出来ます(カンタムシステムと呼ばれる物です)。
ただ、実際に走らせてみた所、思った以上に音が大きく、よ副長曰く『掃除機が周回している』と言う様な感想を頂いてしまいました(高かったのに…)。

クリックすると元のサイズで表示します
さて、線路を跨ぐテーブル上では、発売間もないバスコレ神奈中の連接バスが周回中です。

クリックすると元のサイズで表示します
さすが運転録と言いますが、このままバスが来たら(以下略

クリックすると元のサイズで表示します
撤収作業終了間際に持ち込んだのは、運転録名物(?)京急800形の主幹制御器ですす。
終盤に来訪されたNTK会員(実はとある鉄道会社の検車員)による実地調査の為、"苦労を掛けて"下して来ました。
果たして、これで鉄道模型が運転が出来るのは、いつの日か…

クリックすると元のサイズで表示します
そして終了後、恒例の食事会です。
今回は最後の運転録活動と言う事で、忘年会として執り行われました。
店員さんからは『何件目ですか?』と聞かれる程のハイテンションで入店してしまいました(汗)。

以下、運転録恒例のご乱心。

クリックすると元のサイズで表示します
設備課長による車のセールス活動。
これ、ネタ画像じゃなくてガチでセールスを受けました(当方)。
新車、買おうかな…

クリックすると元のサイズで表示します
前日に露大統領プーチン氏の来日があったが故に、それの車列を再現。
…に見えますが、警護されているのは、まさかの相鉄バス(???)。

クリックすると元のサイズで表示します
撤収作業終了後の車輌課長れうぇっと氏。
無駄な決めポーズに、生暖かい拍手を…

……


さて、2016年も残す所、あと僅か。
今年1年を振り返ってみますと、ホント様々な事がありました。

クリックすると元のサイズで表示します
年始早々の馬場鉄道祭、ようやく決まったモジュールの線路配置、Nゲージを飛び出し規模を拡大する16番ゲージ集団等々…
諸所における不手際等で課題も山積する一方ではありますが、和気藹々(が空回りして基本、活動の大半が暴走気味ではありますが)、皆で楽しくをモットーに運転録の、さらなる発展を遂げて行けたらと思います。
そして運転録会員にとって新しく迎える2017年が、より良い年である様にと、心からお祈り致します。

今年1年間、会員皆、活動お疲れ様でした。

次回

新年1月21日(土)時間は未定
東京都江戸川区のレンタルレイアウト『夢空間』にて新年会です。

さらに、この先の予定

2月26日(日) 1000〜1500
毎年恒例の『ゆうづる鉄道フェスタ』です。
年々規模を拡大して行く当会(+NTK様)。
来年もどうぞ、鶴見運転録を宜しくお願い致します。
0
タグ: 運転会

2016/11/25

11月19日(土)運転会報告  運転会

広報課、お茶葉です。
先日、19日に運転録活動を実施しましたので報告します。

クリックすると元のサイズで表示します
本日は、お馴染み鶴見区の『ゆうづる』工芸室なので製作会…ではなく、運転会になります。
狭い会場(勿論、家よりはずっと広い)故、モジュールをフルで展開出来ない為、持ち込んだのは駅や信号場等、一部分のみ。

クリックすると元のサイズで表示します
その一部分ですらフルに設置出来ない為、あるだけの端数レールやバリアブルレールを駆使してなんとか調整。

クリックすると元のサイズで表示します
無事に設置、出来ました。
レールクリーニングを終え早速、運転開始です。

クリックすると元のサイズで表示します
当日は、先日発売されたばかりのマイクロ製121系を早速、整備して持ち込む会員の姿が見られました。

クリックすると元のサイズで表示します
それに合わせてか、信号場にはJR四国車が並びました。
丁度、高松か多度津のイメージです。

クリックすると元のサイズで表示します
駅部は東北地方某所と言った所でしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは会長の力作、京急1000形1800代です。
特徴的な前面や塗装、そして何より登場間もない(製品も無い)新車だけに、多くの注目を集めていました。

クリックすると元のサイズで表示します
電子工作品でも、注目を集める物が持ち込まれました。
お馴染みのゲーム、電GOの専用コントローラーを、まさかの鉄道模型用に転用する猛者が現れました(zisho氏)。
しかもパソコンのプログラム制御で、起動電圧やら加速度やらを調整出来、出力は16番ゲージ対応と言う怪作。
凄いの一言です…

クリックすると元のサイズで表示します
さて、模型だの運転会だの関係無しに、当日は当会会員みさんの誕生祭。
ケーキも用意して良くも悪くも盛大に、お祝いです。

クリックすると元のサイズで表示します
会長からのプレゼント贈呈式の一幕。
因みにこのプレゼント、会長が自宅に置き忘れた(と思った)為、当人一旦帰宅して探すもの見つからず、まさかと思い、よ副長にTELして会場にあった箱の中を漁ってもらった所、その中にあったと言うオチ付き(汗)。

クリックすると元のサイズで表示します
よ副長からは、豪華衝撃な車輌セットのプレゼント!!

クリックすると元のサイズで表示します
勿論、そんな事はなく、中身は普通の鉄道雑誌(とれいん)でした(笑)。
因みに手前に写っているスカ色113系は、設備課長からのプレゼント。

クリックすると元のサイズで表示します
(左から)会長,設備課長,車輌課長贈呈のプレゼント列車、記念走行です。
色も形もバラエティーな、アートデザインチックなメルヘン列車は、ある意味どんな力作よりも注目を集めていました(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します
終了後はミーティング…なのですが、ホワイトボードには"救援"やら"警察"と言った単語が。
どの様な企画が進行中なのか、乞うご期待下さい(公表するとは言っていない)。

クリックすると元のサイズで表示します
そして最後は最近、恒例の夕食会。
今回は7名参加で、しゃぶしゃぶでした(笑)。

次回

12月17日(土)、活動予定です。
場所・内容等は未定ですので会長からの連絡を、お待ち下さい。
0
タグ: 運転会

2016/8/31

8月27日(土)運転会報告  運転会

広報課、お茶葉です。

製作会実施の予定が、場所が取れずに計画流れかと思いきや、会員同士の会話の果てに場所・輸送・機材に都合を付けて急遽、決まった運転会。
鶴見区の駒岡地区センターにて、NTK鉄道模型研究会と共催で執り行いましたので、報告します。

クリックすると元のサイズで表示します
全体配置(全体写っていないけれど)。
同センター中会議室を貸し切って実施しました。
モジュールパネルは輸送の面で使えず(地区センターが保管場所から距離がある&車が1台しかない)、個人の持ち寄りレールを用いた配置となりました。

クリックすると元のサイズで表示します
留置線群は2箇所に設置。
こちらには201系の各色が集まりました。

クリックすると元のサイズで表示します
もう一方は國鐵広島的な(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します
留置線は当初、16輌程度が収まる有効長で設計していましたが、会員の持ち込んだ長大編成の貨物列車を走行させる都合上、途中から延伸。

クリックすると元のサイズで表示します
で、長大編成列車の宿命でしょうか。
この様な光景が、幾度となく繰り返されました(苦笑)。

クリックすると元のサイズで表示します
終了後は近場のファミレス(ス○ガス)で夕食会。
最近は活動終了→夕食会と言う流れが、専ら標準化しています。

そして最後はお馴染み、運転録恒例のご乱心。

クリックすると元のサイズで表示します
急拵えで設けられたトンネル『うすしお隧道』。
よく見ると、JR北のキハ283系が留置されています。
北の283にトンネルって…運転録(+NTK)の闇が垣間見えます(汗)。

クリックすると元のサイズで表示します
ラブライブ仕様の313系KATOケース、はにわ氏作。
よく、ここまで拘って作ったと、ラブライバー魂を感じます(笑)。
しかしながら、仕様は置いておいて、この様な車輌紹介のタグは一般公開等の場においても、非常に役立つものではないのかと思います。

https://twitter.com/KANKYUSHARYO/status/738907786961027072
関急車輌さんの運転会の秘密@

実際に、この様なタグを用意しているサークルも存在します。
ハード面では鶴運と、それ程大きな差は感じませんが、ソフト面では明らかに鶴運の能力不足を感じずにはいられません。
運転録の今後の発展等も考えるとモジュール等のハード面もそうですが、こう言ったソフト面での充実も考えて行かなければならないのではないかと思います(設備・広報課談)。

次回

申し訳ありません、活動未定です。
会長からの連絡を、お待ち下さい。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ