2016/2/28

ゆうづる鉄道フェスタ 出展報告  運転会

広報課のやさんです。
鶴話の更新を初めて担当させていただきます。
これからも時々出没しますのでよろしくお願い致します。

さて、毎年恒例となりました「ゆうづる鉄道フェスタ」が2月28日に開催され、
鶴見運転録もNTK鉄道模型研究会さんと合同で出展しましたのでご報告致します。
クリックすると元のサイズで表示します
こちらのイベントは近くを走る京急電鉄様のご協力を頂いておりますので、京急線の電車が走る様子が多く見られました。写真の画像、やたら青いですが右の車両は…おやおや?(
クリックすると元のサイズで表示します
もちろん車庫ではJRの車両も並んでいました。205系ばかり!
クリックすると元のサイズで表示します
ちょっと懐かしい電車たちが並んでいました。(奥は違いますが
ミカン色の電車を見たことがないであろう子供達もたくさん来てくれました。自分も歳を食うはずです(
クリックすると元のサイズで表示します
偶然にも同日にラストランを迎えた京成AE100形の姿も。模型の世界では走り続けます!
クリックすると元のサイズで表示します
閉会間際に行われた1500形の宴。とても強い(
クリックすると元のサイズで表示します
今年から新たに導入された「本物の運転台に触れてみよう」のコーナー。
多くの方々が京急800形の運転台に触れて、楽しまれていたようでした。
クリックすると元のサイズで表示します
当日はおかげさまでなんと来場者数が700人を超える大盛況!京急電鉄の駅長お二方・広報課の方によるクイズコーナー等もありまして、サークルメンバーも楽しむことができました。

この場をお借りしまして、当日ご協力を頂きました京急電鉄の皆様、ゆうづるの職員の皆様、他の団体の皆様、更にご来場くださった皆様に厚く御礼申し上げます。

また来年も開催予定ですのでご期待くださいませ。

簡単ではございますが、以上で報告とさせていただきます。

次回運転会
こちらはまだ未定です…決まり次第ご報告致します。
0
タグ: 運転会

2016/2/4

馬場鉄道祭(ばばトレインフェスタ)出展報告  運転会

広報課、お茶葉です。

散々告知しておりましたが、先月の1月31日に鶴見区の馬場地域ケアプラザにおきまして『馬場鉄道祭(ばばトレインフェスタ)』を開催致しました。
運転録がメインとなり出展致しましたが、規模の都合上(想像以上にデカかった)、毎度の事ながらNTK鉄道模型研究会にも協力を仰ぎ、結果として過去最大規模のスケールでの出展となりました。

今回は前日の準備風景も含めて、ご紹介致します。
都合上、設備課兼務の当方視点での記事となりますが、ご了承下さい。

先ずは前日から。

クリックすると元のサイズで表示します
雨が降りしきる中、車を走らせ資機材を受領(0700過ぎ)。
当日の準備は1500(会場)からでしたが、その前に一部資機材の受領作業等で当方は実質その時間から準備作業開始でした。

クリックすると元のサイズで表示します
昼過ぎからは、当方宅でNTKのゆーてつ氏と運転録の設備課長の計3人で、資機材の積込みを実施しました(車2台分)。
車輌しか写っていませんが、実はケース類の裏にパワーパックが隠れていたりと、かなり難儀しました。

クリックすると元のサイズで表示します
会場となるケアプラザには1500過ぎに到着。
ご覧の通り広〜いスペースを用意して頂きました。
…正直、この規模に能力が追い付くか自信が無かったです(ホント)。

クリックすると元のサイズで表示します
搬入資機材は、これだけでなく準備途中で当方と、ゆーてつ氏が抜け運転録のモジュール搬送を執り行いました。
この他、NTK側ではレンタカーを用意する等、トータルで資機材は普通車3,4台分にもなりました。
それだけ会場が大きかった訳です。

クリックすると元のサイズで表示します
さらに時間が経過した会場の様子。
手前のプレイマットは『プラレールであそぼう』のコーナー。

クリックすると元のサイズで表示します
大人が興奮して遊びに耽っています(笑)。
会長と副会長、仕事シロ(怒)。

クリックすると元のサイズで表示します
メインのエリアは、設備課とNTKメインで設営が進んで行きます。
奥の方では会長一派が体験運転コーナー(カメラカー)の試験を実施中です。
ヘルメット&スカート野郎の存在は気にしないであげて下さい。

相当の時間がかかってしまいましたが、2000過ぎには概ねの準備が完了し、会場を後にしました。

クリックすると元のサイズで表示します
閑話休題。
安心して下さい、ノンアルです。

一夜明けて当日(1/31)。

クリックすると元のサイズで表示します
早朝より残りの準備です。
本来ならば昨日に終了している筈でしたが、当方が肝心の物品(掲示写真等)を忘れてしまい当日、大慌てでの準備となりました(汗)。
因みに掲示されている写真の大半は、ゆーてつ氏が撮影した物です。

クリックすると元のサイズで表示します
御礼も兼ねて、一部紹介させて頂きます。

さて、当日の準備もギリギリまでかかってしまいましたが、何とか間に合いました。

クリックすると元のサイズで表示します
1000より開演。
想像していたよりも多くの来場者に恵まれました。

クリックすると元のサイズで表示します
開催に当たっては当会の会長と、NTKの副会長による開催の挨拶が行われました(会長挨拶中)。

クリックすると元のサイズで表示します
NTK副会長の黒ねこ氏の挨拶の様子。
突然、振られて驚いていましたが、全て予定調和でした(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します
今回初の試みとして各線の番線を明示し、ホワイトボードに走行中の車輌を明記しました。
マニアックな列車が走っているのはご愛嬌。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらも今回初の試み、プラレールコーナー。
元々はスペースの穴埋めと言う苦肉の策から始まった企画ですが、予想以上に好評でした。

クリックすると元のサイズで表示します
毎度お馴染みの、カメラカーを用いた運転体験コーナー。
順番待ちの列が出来る等、相変わらずの好評でした。

クリックすると元のサイズで表示します
体験コーナーの車庫には京急が集まりました。
基本的に関東圏の車輌で統一しました。
…の、筈でしたが最終的には前述のホワイトボードの写真の通りです(汗)。

クリックすると元のサイズで表示します
メインは、やはり中央の大レイアウト。
8路線が設置され、多くの車輌が行き交っていました。

クリックすると元のサイズで表示します
定番中の定番、9番線を走行する新幹線E6系Sこまち。
E5系はやぶさとも併結していましたが、E5の増結セットを自宅に忘れた為、6両編成となりました(汗)。

クリックすると元のサイズで表示します
1,2番線(NTK)にはヤードも設置され、多数の車輌が留置されていました。

クリックすると元のサイズで表示します
貨物列車、青ワム編成。
本人も自覚しているご様子で、自ら『起爆剤』と称しておりました(笑)。
大抵、笑えない事態に発展(脱線)するのですが、今回ばかりは安全運行でした。
…それが普通だよね?

クリックすると元のサイズで表示します
一方で、こちらは恒例のご乱心。
運転士(NTKゆーれい)は警察(当方)の取り調べに対し『鴎なので空を飛べるのではないかと思い、犯行に及んだ』と自供しているとの事です。
落下と言う最悪の事態は回避出来ましたので、良かったかと…


さて、当日ですが天気予報が見事に外れ、午前中より日差しが差し込み、また運転録側の広報が明らかに不足気味だったのにも関わらず、ケアプラザさん側が立派なポスターまで製作・配布を行って下さっていた事もあり、非常に多くの方に足を運んで頂けました。

ご来場して下さった方々、さらにはイベントに協力して頂いたケアプラザ職員の皆様には、この場を借りまして改めて御礼申し上げます。
本当に、ありがとうございました。

次回

2月13日、鶴見区の『ゆうづる』にて製作会です。
終了後、新年会を予定しています。

さらに同月28日には、毎年恒例のゆうづる鉄道フェスタに出展致します。
当方、不参加(仕事)ですが、合わせて宜しくお願い致します。
0
タグ: 運転会

2016/1/10

1月10日(日)運転会報告(新年会)  運転会

広報課、お茶葉です。

本日、2016年最初の運転会を実施致しましたので報告します。

クリックすると元のサイズで表示します
場所は運転録においては新年会としてお馴染みの希望ヶ丘のレンタルレイアウト店『greeNbox』です。
全線貸切と言う、いつも通りですが贅沢な運転会となりました。

クリックすると元のサイズで表示します
当然、やる事と言えば数十本にも及ぶ留置線をフル活用しての並びです。
小田急ロマンスカーの各種が出揃いました。

クリックすると元のサイズで表示します
店舗が相鉄沿線と言う事で、相鉄車輌も各種集まりました。
発売間もない鉄コレ新7000系も走行化されて顔を並べています。

クリックすると元のサイズで表示します
国鉄広島が並びました。
撤去されたベンチレーター跡や別体化された手摺、フロントのジャンパ管等、非常に作り込まれた力作です(会員すかぶる氏作)。

クリックすると元のサイズで表示します
長大なレイアウトスケールを活用して、国鉄時代よろしく長大編成の貨物列車も現れました。
二軸貨車(一部ボギー込)88輌(!)で組成された編成は悲鳴が度々上がる等、大反響でした(下記参照)。

クリックすると元のサイズで表示します
まぁ、こう言う訳でして…
結局は脱線なり分岐器転線が多発した為、一部減車と言う運びになりました(苦笑)。

この様な感じで、昼一から1700まで各々の会員が持ち込んだ数多くの車輌が、巨大なレイアウト上を駆け巡っていました。
相変わらずの暴走振りは健在でしたが、今年も会員皆で楽しく運転録の、さらなる発展を目指して行きたいと思います。
会員皆、今年も宜しくお願い致します。

次回

散々告知して最早諄い位ですが忘れられない為にも。

馬場鉄道祭
日時:1月31日(日) 1000〜1500
場所:馬場地域ケアプラザ(横浜市鶴見区馬場7-11-23)

どうぞ宜しくお願い致します。
近いうちに、会場アクセス等の情報も掲載致しますので、お待ち下さい。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ