2011/10/14

【話題】 恋人ができると 「毎日が楽しい」  

恋人ができると今までとは違った時間の使い方、考え方など何かしら変化があるものです。 そこでcobs onlineでは、20代の独身男女に恋人ができて変わったことについてアンケートを行いました。 【男性】 1位 毎日が楽しくなった 32.5% 2位 出費がかさむようになった 18.3% 3位 休日が待ち遠しくなった 12.7% 4位 結婚を真剣に考えるようになった 11.7% 4位 つらいときも頑張れるようになった 11.7% 【女性】 1位 毎日が楽しくなった 41.7% 2位 安心感が増した 31.6% 3位 つらいときも頑張れるようになった 26.1% 4位 出費がかさむようになった 22.9% 4位 恋人の趣味や好きなものに興味を持つようになった 22.9% 男女とも第1位は「毎日が楽しくなった」と答えています。 今までなんとも思わなかったものが素敵に見えたり、楽しくなったり、 相手のことを考えるだけでハッピーな気持ちになれるということでしょう。 男性の2位に「出費がかさむ」が挙がっていますが、これはリアルな気持ちですね。 これは女性でも4位に挙がっていますので、男女とも、デート代以外でも洋服を買ったり、 美容院に行ったりと自分にかける費用が増えたということでしょうか。 女性のランキングで特徴的なのは、1位から3位がすべて精神的な変化となっているところです。 女性は恋人ができるとキレイになるといいますが、このような精神的なプラス面が 表情やしぐさなどにも現れるのかもしれませんね。 いずれにしても出費以外はプラスの変化が上位を占めているところを見ると、 やはり恋をして好きな人がいることは、決して大げさではなく、人生を豊かにしてくれるといえるでしょう。
0

2011/10/2

【どんな体験がトラウマに?】 バナナ恐怖症の女性  

 世の中にはいろいろな恐怖症が存在する。高いところが苦手な高所恐怖症。狭い所がダメな狭所恐怖症。とがったものを見ると激しく動揺してしまう先端恐怖症などなど。誰でも一つくらいは恐怖を感じるものがあるだろう。  しかしイギリスのある女性はチョット珍しい恐怖症のようで、バナナが苦手なバナナ恐怖症なのだという。バナナを見るとパニック状態になり、鳥肌が立って吐き気がするという。彼女は子どもの頃の苦い経験がきっかけで、バナナがダメになったという。  イギリスのイーストサセックスに住むフラン・ダンドーさん(21歳)はバナナ恐怖症で、バナナを見るだけで鳥肌が立ち、大量の汗をかくという。ひどい時には吐き気がして嘔吐(おうと)する事もあるという。  彼女は7歳のときに受けた兄弟のいたずらがきっかけで、バナナに恐怖するようになったとのこと。  フランさんは、「私の兄弟が冗談でベッドのなかにバナナを隠していたの。そうとは知らずにベッドにもぐり込んだ私は、足元にぬるぬるとした感触をおぼえてパニックになっちゃったんです」と、恐怖症になった理由を語る。  それ以来、バナナを見るだけでそのときの感覚が蘇(よみがえ)り、食べることはもちろん、見ることもできなくなったそうだ。  果物屋に行ったときにはできるだけバナナの近くを避け、友人宅にバナナがあった場合は、「ごめんなさい、私、急用ができちゃって帰らなければいけないの」と言って、帰ってしまうという。  しかし彼女の2歳の息子ハリソンくんは、バナナが大好き。彼がバナナを欲しがったときには、手にゴム手袋をはめて食べさせてあげるのだそうだ。甘くておいしいバナナを食べられないなんて、ちょっとかわいそう。彼女はこの先も一生、バナナを口にすることはないだろう。
0

2011/9/29

【映画】ルー=ガルー 忌避すべき狼[2010/08/28〜]  

数十年後の日本。児童たちはモニタ(情報端末)でモニタ(監視)され守られていた。ヒトはヒトと 端末(モニタ)によって繋がっていた。管理社会に統制された都市に住む住民達は、常に現在地 情報が監視された状態であり、物理接触(リアルコミュニケーション)が希薄になっていた。 第122エリア。14歳クラスのコミュニケーション研修の日。21班の牧野葉月は、手にした携帯 モニタ(情報端末)で、フレームを通した世界を映し見る。現実感のないリアルより本物っぽい。 その中に葉月は同じクラスの神野歩未の姿を見ていた。伝説の少女バンドSCANDALの演奏を 再現しようと仲間を誘いにやってきた都築美緒。(以下省略) [ 2010年8月28日公開 ] キャスト・スタッフ 監督:藤咲淳一 プロデューサー:向井地基起、谷澤伸幸 原作:京極夏彦 主題曲:SCANDAL 声の出演:沖佳苗、五十嵐裕美、井上麻里奈、沢城みゆき、植竹香菜、青山穣、 河本邦弘、平田絵里子 上映館等の詳細情報につきましては下記サイトをご参照ください。
0

2011/9/26

【芸能】「1位じゃないな」 タモリがAKB48大島優子にダメ出し  

前回のAKB48選抜総選挙に於いて見事1位を獲得したAKB48大島優子。 そんな彼女にタモリがさらっと「1位じゃない」という一言が。 こんなキツイ一言を浴びせたタモリの真意とは? 「笑っていいとも!」(フジテレビ系)の「テレフォンショッキング」に登場した AKB48のチームKのメンバー。大勢の若い女性に囲まれて困惑気味の司会のタモリ。 チームKのメンバーは登場するや否や突然新曲を熱唱。その後いきなりタモリへの 質問タイムが始まった。司会進行するはずのタモリが「お休みの日は何をしている?」 だの「好きな女性のタイプは?」などと質問され、それに答えるというこれまでの 「テレフォンショッキング」ではありえない展開にタモリも戸惑っていた。 「好きな女性は誰?」の質問には「吉永小百合」と即答したタモリ。 さすが往年の「サユリスト」である。そんなタモリが先日のAKB48選抜総選挙で 1位を獲得した大島優子に「1位じゃないな!」とダメ出し。 「そもそも、好みは人それぞれなのに人気投票をすること自体おかしい」 と総選挙で人気投票をしていることに疑問を抱いているようだった。 しかし、AKB48の総選挙は「プロデューサーの秋元康の好みで、メンバーを選んでいる」 というファンからの批判から生まれたもので、「だったら、ファンにメンバーを選んでもらおう」 として始まった企画である。人気投票によってメンバーを決めるということに 疑問を感じるタモリの気持ちもわかるが、ファンがそれで納得しているなら 仕方のないことなのかもしれない。
0

2011/9/24

【埼玉】交際相手と話していた男性殴ってけが負わす、自称塗装工の少年を逮捕・・・日高  

埼玉県警飯能署は15日、傷害の疑いで、 狭山市の自称塗装工の少年(16)を逮捕した。 飯能署の調べでは、少年は15日午前4時45分ごろ、日高市高萩の歩道橋で、 男性会社員(18)の腹をけったり顔を殴ったりしてけがを負わせた疑いが持たれている。 飯能署によると、少年は交際相手の少女(16)が 男性会社員と話しているのを見て腹を立てたという。 ソース:MSN産経ニュース 2010.8.15 17:21
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ