2009/9/20

エコキュート生活しましょう  エコキュート

エコキュートは大気中の熱を二酸化炭素に移して、ポンプで急激に圧力をかけてお湯を沸かす機器のことです。

この給湯器の仕組みのことをヒートポンプ式といいます。

ガスや灯油の給湯器や、従来のヒートポンプ式でない電気給湯器と比べて、使用するエネルギーの量はおよそ3分の1以下になるそうです。

エコ生活ならエコキュートは必需品ですね。

リフォームをお考えなら、エコキュートの設置でもらえる補助金制度は必見です。

1台のエコキュートにつき1回の補助金です。

今まで、エコキュートがなくて、初めてエコキュートをわが家に設置しようとお考えなら、少し条件はありますが、45,000円もの補助金がもらえます。

エコキュートは少し高いかなぁ?とお悩みの方も補助金がもらえる今がチャンスです。

工事には時間がかかると思っている方も多いのではないでしょうか。

ガスから電気へ取り替えるのは手間がかかって大変じゃないか。

光熱費があがるんじゃないか。

タンクのお湯が足りなくなることもあるんじゃないか。

と、電気給湯器を使ったことのない方は勝手がわからずエコキュートを設置するのにかなり悩むと思います。

大丈夫です。

とっても安心なので、今、エコなオール電化が注目されているのです。

エコキュートの取り付け工事は、大体朝から夕方までに終わります。

タンクが重いので、古いご家庭ではタンクを置く場所の床を工事する場合があるので、この分に日数がかかる場合があります。

毎月の電気料金ですが、エコキュートにかかる分として1,000円前後のようです。

エコキュートはお湯切れしないようにコンピュータが過去のデータを管理してお得な時間帯でお湯を沸かしてくれます。

安心お得なエコ生活してみましょう。

2009/9/20

コロナエコキュートについて  エコキュート

コロナエコキュートについてご紹介しましょう。

2001年4月、コロナが世界で初めてエコキュートを発売しました。

以後、平成12年と、平成15年には、省エネ大賞受賞。

平成14年には、資源エネルギー庁長官賞受賞。

平成16年には環境大臣賞受賞。

と数多くの実績を残してきています。

コロナエコキュートは、昼間よりも七割も安い夜間の電力と高効果率(業界トップクラスのCOP4.8)のヒートポンプシステムの組み合わせで、都市ガス給湯器の約6分の1のランニングコストを実現しました。

その省エネ効果はコロナ独自のエコタンクに理由があります。

まずは、先ほど書いた様に、高効果率なヒートポンプで効率よくお湯を沸かせます。

それから、特殊生計断熱材を使用したタンクなので、効率よくお湯を保温できます。

冷めて、再度湯沸しする必要がなくなる分、省エネ効果を得られるのです。

エコキュートのタンク内は、高温域、中温域、水の三層に分けられています。

中温域(境界湯)を効率よく使うことによって、適温のお湯を作ります。

その上、マイコン制システムにより、1日の給湯使用データがチェックされ、不要な沸き上げを防止しているのです。

これらの省エネ効果により、電気代を安く抑えることができるのです。

他にも、出湯圧力を高めた高圧力型なので、2階での利用も不便なく利用できます。

低騒音設計、省スペース設計のエコキュートは人に優しい暮らしを提供しながら、自然にも優しい環境を作り上げています。

2009/9/20

地球を救うエコキュート  エコキュート

エコキュートのCMをみて、鈴木京香がアンガールズの山根良顕(やまねよしあき)と共演!?と思って、なんだかとってもビックリしました。

出演している外人タレントもなかなかいい味を出しているので、アンバランスな出演者たちがお互いを尊重する強すぎないキャラで、個性を最大限にひきだしているステキなCMなのかなぁ?とちょっとまじめに面白いと感じてしまいます。

エコキュートは大気中の熱を利用してお湯を沸かしてくれるので、従来の電気給湯器と比べて、エネルギー量は3分の1で済みます。

お湯を沸かすのは大気中の熱と二酸化炭素なので、二酸化炭素もフロンガスも排出せず、自然に優しいエコな給湯器という事がエコキュートと名前の由来なのだそうです。

二酸化炭素が地球温暖化に拍車をかけることは、皆さんご存知だと思います。

そして、京都議定書で交わされた各国二酸化炭素の排出量を2012年までに減らそうという動きにも貢献します。

日本の目標は2012年までに二酸化炭素の排出量を、現在より6%減らすことです。

漠然としていてピンとこないかと思いますが、一人ひとりが環境に優しくあろうとすれば、6%削減という目標はかなうのです。

多くの企業では、コピー用紙を再生紙にしたり、両面使用するように経済したりと、いろいろな工夫をしています。

シュレッダーをかけると繊維が短くなってしまってリサイクルできなくなるので、個人情報は業者と契約して外部に漏れない経路で確実にリサイクル用にプレスするなど急激に増えています。

でも、まずはご家庭から環境に優しいエコキュートで二酸化炭素の排出をストップすると同時に地球温暖化もストップしましょう。

2009/9/20

ダイキンエコキュートについて  エコキュート

ダイキンエコキュートについてご紹介しましょう。

ダイキンエコキュートは業界トップクラスの省エネを実現しています。

その1つ目の理由として、ダイキンならではのヒートポンプ技術があげられます。

電気ヒーターに比べて、ヒートポンプは三分の一の電気エネルギーの消費ですみます。

それに、ダイキンの省エネ技術が加味されて、さらに省エネ率をあげているのです。

ダイキンの省エネ技術とは、「スイングコンプレッサー」「リラクタンスDCモーター」「水熱交換器」「プロペラファン」です。

これらのダイキンの技術は、数々の賞を受賞し、効果が証明されているものばかりです。

この技術に、通常料金の3分の1の夜間電力を利用することによって、省エネ効果が上がり、ランニングコストを下げることができるのです。

ダイキンといえばエアコン。

空調設備のメーカーであるという意識は外せません。

それゆえに「どうしてエコキュートなの?」と言う、素朴な疑問が沸きます。

しかし、そこにはエコキュートには不可欠な「ヒートポンプ」技術が関わってきています。

ダイキンの歴史はヒートポンプ技術無しでは語れないのです。

1970年にダイキンが開発したヒートポンプ技術は、空調業界にダイキンが君臨する基礎を作りあげました。

ダイキンのヒートポンプ技術には歴史と実績があります。

このヒートポンプの技術が生かされ、ダイキンエコキュートが開発されました。

ダイキンエコキュートは、ダイキンならではのヒートポンプ技術が駆使された自信作なのです。

2009/9/20

エコキュートのカッパくんはだぁれ?  エコキュート

最近では原油高続きで、エコな生活が見直され、エコキュートやIHクッキングヒーターなどを取り入れたオール電化住宅が人気急上昇中です。

オール電化住宅に注目が集まると同時に、東京電力のCMで人気急上昇中なのが「カッパくん」です。

カッパカッパとはよくきいていましたが、何かのキャラクターとかかわいいものを想像していたのに、初めてみたときは、気持ち悪くてビックリしました。

何度か観ているうちに、なんとなく愛きょうのある顔なので、誰がやっているのか調べてみることにしました。

昔のありのままの自然の中では実在したといわれるカッパくんは、エコキュートのヒートポンプ式の電気給湯器エコキュートが環境に優しいので、現代でも生活できているようです。

エコキュートは、大気中の熱を二酸化炭素にたくわえて、ポンプで急激に強い圧力をかけて高温にします。

この熱でお湯を沸かしてくれるのがエコキュート。

二酸化炭素もフロンガスも排出しないエコな給湯器がエコキュートなのです。

カッパくんの正体は、身長180cm、体重53kgのまさにカッパ体型のアンガールズの山根良顕(やまねよしあき)さんでした。

もともと骨と皮だけのガリ男くんで、身体の方は妖怪っぽいので(ゴメンナサイ)、着色しただけのようです。

スラリと伸びた手足が、ホントにキモカワイイ系で、カッパくんになるために生まれてきたんだなぁと感心します(ゴメンナサイ×2)。

カッパくんの鳴き声は「ぎぃぃぃ」という鳴き声で、山根さんは普段でも「ぎぃぃぃ」と鳴いてしまうことがあるとかないとか……。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ