視力回復☆子供の近視ならアイ・トレーニング田中謹也口コミ感想  視力回復,子供視力回復,アイ・トレーニング,田中謹也,効果,口コミ,感想

クリックすると元のサイズで表示します

→詳細はこちらをクリック




子供の視力の低下に気付いて慌てたなんてことないでしょうか。

子供って、視力が低下したとか自ら親に言わないもんですよね。

気付いたのは、授業参観の時、黒板を目を細めて見ているんですよね。

気になり視力検査したところ、メガネが必要なレベルでした。

親である私も目が悪いので、遺伝かとショックの中にも「仕方が無いのか」という気持ちもありました。

私など大人はメガネでもそんなに抵抗がありませんが

子供のメガネ姿はまだ見たくありませんでした。

周囲からも「あんなに小さいのにメガネでかわいそう」と思われると思います。

子供の心の面にも不安があります。

コンタクトレンズは子供が扱うには危険な感じもして。。。

昔と違い、メガネをかける子供が多くなったような気はしています。

特に、昔と違ってテレビゲーム や パソコンなどがあふれる昨今、目の悪くなる要素というのは多いですからね。

ですが、うちの子のメガネ姿を見るのは親として罪悪感もあります。

一般に視力回復といいますと、まず 視力回復手術のレーシック が思い浮かびます。

レーシックは、一回20万 〜 50万円 とも言われていますね。それに子供にメスを入れるのは私としても抵抗がありました。

子供の視力回復法を色々模索する中で、お金をかけることなく、自宅で簡単に子どもの視力を回復させる方法に出会いました。

アイ・トレーニング:1日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法〜自宅トレーニングセット・メールサポート付〜


アイ・トレーニング公認インストラクター田中謹也さんによるこのアイ・トレーニングは

6年間で987人の子供の視力を0.8以上に回復させた方法です。

改善率にしたら90%以上。

しかも、トレーニングを続ける事によって、その視力を 低下しにくくさせることができるという特徴があります。

田中謹也さんが運営される 視力回復センターの費用は、

入会金とトレーニング費用を合わせると5万円程度かかるそうですが

田中謹也さんが持っている知識や視力回復トレーニング法の中から、

素人でも お金を一切かけずに、2ヶ月で簡単に視力アップでき、

しかも、その 視力を維持することができる方法をいくつかピックアップし紹介されいます。

これ返金保証がついているんですよね。

このマニュアルの指示通りにやって、全く効果がなかった(視力0.1も上がらなかった)際には

購入した日から180日以内であれば、マニュアルの購入代金を返金するというもの。

ならばいっか。。という気持ちで購入しましたが、当りました。

後で知ったのですが、アイ・トレーニングは、人気があり雑誌などメディアでも多く紹介されいます。

プロ野球選手やボクサーなど多くのアスリ−トも取り入れてる視力回復トレーニング方法だそうです。

もちろん、レーシックなどの手術は関係なく、視力回復センターに通うこともなく自宅で実践できます。

そのアイ・トレーニングの内容を少し暴露しますと

ヒモとビーズを使用したやり方です。

ヒモに通した距離が異なるビーズを順番に沿って、それぞれ5秒間ずつ見つめるだけのという簡単な方法です。

トレーニングの大まかな流れは

1、最大の効果を発揮するための準備

2、視力をみるみる回復させるトレーニング(就寝前に2分だけ行なう)

3、回復した視力を維持するトレーニング(朝昼晩3回×約3分)

このような流れで、

視力をみるみる回復させるトレーニング法1種類

その視力を維持するためのトレーニング法3種類

が図解で解かりやすくその具体的な方法を解説しています。

子供もなかなか忙しいようですが、これでしたら「忙しいから」なんていい訳をさせずに実践させられます。

実践2か月後に聞きましたら、黒板の文字はいつのまにかハッキリみえているということでした。

ほんと、なんでもないごく普通のことが幸せなんだと感じました。

レーシックのメリットとデメリットや視力回復グッズについての記述もあり、とても勉強になりました。

当面、バイブルとなりそうです。

他にも数多くのアイ・トレーニング実践者の効果や感想が届いていますよ。

続きはこちらからご覧になれます。

>>>アイ・トレーニング:1日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法〜自宅トレーニングセット・メールサポート付〜実践者の声







少年野球〜社会人ジョニー黒木の魂のエース育成プログラム口コミ

一人でもできる元Jリーガー越智隼人が教えるサッカー上達法感想

ゴルフ☆渡辺三男&石川亨ジュニアゴルフ上達プログラム口コミ

0
タグ: 口コミ 感想 効果



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ