寝る前のスマホ依存を防ぐための自分なりの工夫

2014/8/9 | 投稿者: hchndax

  私は寝る前に布団の中でスマホを操作してしまい、目が覚めてしまいなかなか眠れない事があります。必然と朝は怠く、夜のスマホをいじっていた時間を悔やんでしまいます。スマホの画面からの明るい光を寝る前に見ると、その刺激で眠れなくなるのは当たり前です。私はスマホの画面設定で、明るさを最小にしています。画面の明るさを最小にすると、目が疲れにくくなりました。また、スマホをいじることには不自由はしません。しかし、目の疲れは無くなりましたが、画面の明るさを調整するだけでは夜更かしを防止できませんでした。次に私は、通信量をチェックできるアプリを使用することにしました。一日に使用できる通信量を設定し、それに近づくとアラームが鳴ります。このアプリのおかげで、自分がどれ程通信量を使用しているのか、もう辞めないとという気分になり、スマホを枕元に置けるようになります。そして、目をつむり寝る事に集中することができます。最後は、ラジオを聴くようにしました。ラジオは耳だけの刺激で、目は閉じることができ、知らないうちに眠りにつくことができます。是非、寝る前にスマホをいじることが習慣づいて、寝不足になっている人には上記の3点をお勧めします。iphone5s!ドコモからソフトバンクへ乗り換え
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ