体調不良になった原因と、夏に気をつけたいこと。

2015/7/31 | 投稿者: hchndax

  最近、暑い日が続いていますが、私の周りで体調を崩す人が増えています。何故、体調を崩してしまったのか、数名から直接聞いたことを書きたいと思います。
まず一人目(Aさん)ですが、熱中症になりかけて、体調不良になってしまったようです。
Aさんは、日中の時間に庭の草取りをしていました。その日の気温は29℃だったので、Aさんは塩飴を舐めながら適度に水分補給をしながら作業をしていましたが、作業している途中で、急に目まいと吐き気を感じたそうです。これはダメだと思い、作業を中断して家に入り水分補給をして、扇風機の風に当たりながら、少し横になったら多少は良くなりましたが、完全には治らなかったようです。Aさんは熱中症対策をしっかり行っていたハズなのに、熱中症になりかけてしまったそうです。草取りをするときはなるべく、気温が高くないときに行った方がいいのかもしれません。
二人目(Bさん)は、クーラーで冷房を付けながら夜寝ていたら、次の日、風邪を引いてしまったそうです。クーラーのタイマーをセットしながら、就寝すればよかったのかもしれません。長い時間体を冷やしてしまうのは避けた方がいいですよね。
私は、クーラーの冷房が原因で喉を傷めてしまった経験があります。
三人目(Cさん)は、冷たい物を摂取しすぎたのが原因で体調不良になってしまったようです。
1日にガリガリ君のアイスを2本食べたり、冷たい飲み物をがぶ飲みして、下痢になったこともあるそうです。
冷たい物を摂取しすぎると、お腹を冷やしてしまいますし、胃腸にも悪影響を及ぼしてしまいます。
私も夏の季節になると、つい冷たい物を好んで食べてしまいますが、冷たい物を摂りすぎることが原因で体調を崩してしまう可能性もあるので、十分注意したいと思います。また、夏になると食欲不振になってしまう人も中にはいると思いますが、何も食べないと、栄養不良になってしまう場合もあるので、食生活が乱れないように気をつけることも大切だと思います。海外旅行!成田・羽田空港でwifiをレンタルして出発
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ