人権標語は人権啓発標語とも言われます。人権擁護の法案の動きもありますが、根本は人間一人一人の心の中に思いやりの心を育むこと。その心の啓発・啓蒙が人権標語の募集・応募・作成を通して行われています。

【人権標語の関連サイト】
人権標語の心 職場と小学生
朝礼スピーチのネタと話題

人権標語の作品例 職場と小学生・中学生  人権標語

思いやりの心については、会社の企業倫理でも人権啓発標語でも強調されています。しかし、企業側では、なかなか受け入れがたい実情にあります。同じ人への思いやりでも顧客という人を優先してしまいます。全体主義的傾向の中で会社の利潤追求が優先されてしまうのです。結果、従業員の人権は軽んじられてしまいます。

人権標語が訴える思いやりの心は、自分のことを守るのに目いっぱい境遇では、なかなか持ってるものではありません。人は衣食足りて礼節を知るのです。物質的に満たされなければどうして道徳に関心を持つゆとりが生まれるでしょうか。

人権標語の心と会社・企業の人権啓発

会社では時に、権力の行使が可能な中間管理職で、慢性的に満たされない心を持っている場合に、ストレスが昂じて「いやがらせ」・「いじめ」に走ることがあります。

会社でのストレスの問題は個人の問題としてしまうのは誤りです。過剰なストレスが従業員を責めさいなむ状況を企業はもっと真摯に受け止めるべきです。企業の真の活性化を考えるならば、喫緊かつ実に重要な問題であるのです。思いやりの心を標榜する人権啓発標語の心を企業として積極的に培って、人権啓発に努力をすることにより従業員は真の活性化されていきます。

企業側の努力とは、管理職や経営者という一個人が人権の啓発に関心を持ち対応できるかどうかという問題です。人権啓発に尽力する職場に、人権標語の心が定着していないとすれば、管理職や経営陣の心に思いやりの心が無いからと言えるでしょう。

人権標語の心の育成は小中学生のうちに

小学生を対象に人権標語の募集がされいます。幼少の頃から人権意識や思いやりの心を育もうという人権啓発の取組みです。小中学生の間でのいじめも相次ぐ昨今、親たちが人権擁護の意識に立つと共に、子供と一緒に思いやりの心をはぐくむべきです。

以下は、人権啓発標語の例と作品集(小学校)です

前橋市立芳賀小学校での親子人権標語。
http://www.haga-es.menet.ed.jp/2006/event/zinken.htm

生石小学校の人権標語の例と作品集
http://www.matsuyama-edu.ed.jp/ptaren/t/pssyouseki/event/jinken/jinken.html

小野小学校の人権標語の例と作品集
http://park15.wakwak.com/~inochan/3.education/3-3-14-058.htm

0
タグ: 人権標語 作品集 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません





AutoPage最新お知らせ