アカメ調査室 2011年8月1日開設

 

標識魚再捕記念プレゼント  再補

 標識の付いたアカメを釣られた方にアカメと自然を豊かにする会からプレゼントがあります

 豪華賞品の一品が決定(2009年8月10日「アカメの国」に掲載)

 タックルハウスの二宮正樹さんに,標識付きのアカメを再捕して連絡してくださった方に記念として贈り物をしたいので,そのための特別のルアーを創っていただけないかとお願いしました.二宮さんは快く引き受けてくださいました.色々と考えてくださったのですが,「特徴ある幼魚の模様をデザインしてみます」と試作してくださったルアーが画像のルアーです.

クリックすると元のサイズで表示します

 じつに見事にアカメの幼魚期の模様が表現されていると思います.また腹側には『祝再捕』の文字が二宮さんの手書きで入れられています.

 上記ルアー画像と記事は試作品のものです。実物は全体に金色が薄くかけられています.そして,「祝再捕 M.NINO」の自筆サインが腹部ではなく背側に記されています.

 この特別なルアーは,アカメの標識放流でタグのついたアカメを釣られて,報告して下さった方だけに贈られるものです.市販されることはありません.

 世界中で入手出来るのは再捕された貴方だけです.


 背中に海草が生えているアカメを釣ったら要注意!

クリックすると元のサイズで表示します
日本で初めて再補された標識が付いたアカメ 1996年6月20日,長野がつりました

クリックすると元のサイズで表示します

 写真のようにタグには海草がよくついています.タグとは判らないままリリースされるケースもあると思われます.背中に海草が生えていたらよく見てください.

 標識の付いたアカメを釣られたら以下の作業をお願いします.

 ●タグの記号番号を記録する.標識には記号,番号がかいてあります(例 JG-12345).

 ●アカメの全長を計測して記録する.できれば標準体長(上あご先端から脊椎骨後端=尾びれを少し曲げてできるシワまでの長さ)も記録する.

 以上の作業をしてから速やかに再放流をお願いします.

 ●釣獲日時,釣獲場所,釣り人の氏名,釣り人の住所,電話番号とともに上記のデータを下記までご連絡ください.

 データの連絡先
 ● アカメと自然を豊かにする会 上杉一臣 携帯 090-1577-9802 メール lates.kazu-@docomo.ne.jp

 ●アカメと自然を豊かにする会 長野博光 携帯 090-1577-7449 メール akame_7840031@yahoo.co.jp


 ●エラなどが傷つきリリースしても死ぬことが予想される場合もあります。その際はキープして,できればそのアカメをすべて寄贈していただければありがたいです.年齢形質の格部位を保存し年齢査定に使います.また内臓からアカメの餌,生殖腺などの可能な限りのデータをとります.

 ご協力をよろしくお願いします.
3

2016/10/22

標識放流424号(本年33号)ほぼ再々再々捕    標識放流

 2016.10.8再々再補?植村さん、19号標識放流


 植村さん
 お世話になります。今回のアカメも凄いですね。

 しかし、タグがないので確実に以前放流したものかどうかは証明できません。釣り人の中には標識放流調査に反感を持つ釣り人もいまして、そのような人が釣ってタグを引き抜いたのかもしれません。私が装着したとき、かなり深く刺さりましたので自然に抜けるとは考えられません。

 以下、植村さんのコメント

 上がってきた魚を見た瞬間に見覚えがありタグを探しましたが見当たらず、おそらくタグの痕であろう傷を見つけました。
計量後、標識放流して家に帰って過去の写真と見比べたところ十中八九、6/15に釣り上げ翌日、長野さんに標識を付けて頂いた個体と思います。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 釣り人:植村壮一郎
 釣り場:浦戸湾
 全長:121.5cm 
 標準体長:105cm
 体重29.63kg
 

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
下あごの付け根付近の黒ずみがほぼ一緒です。
上あごの側面に傷が有るのが今回の写真です。



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
左半身の鰓ぶたから頭部にかけての黒ずみが少し薄くなっていますがほぼ同じ形です。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
右半身のエラぶたから頭部にかけての黒ずみが同じ形をしています。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
尾びれは上の方と中央付近の破れ方がにていますが微妙です。


今年一番印象的な個体だったので再会が非常に嬉しかったですが、タグが無くなっていたので少し残念です。

 
 本当に残念ですね。ほぼ間違いなく5回目の標識放流になるアカメだと思います。まあ、世の中には自分のことしか考えられない狭小な度量の人もいます。以前、標識放流調査を目的の一つとうたったアカメ釣り大会に『標識放流は嫌いだ、標識を見つけたらむしり取る』と、ブログなどで公表しながら参加するという人たちもおりました。当然、お断りしましたが。
 これらは極少数のようです。まあ、気にしないで続けましょう。植村さんたちのおかげでたくさんの貴重なデータが集積されています。
 アカメの生態が解明されてこそアカメを豊かにしていく道が見えてきます。






2

2016/10/22

標識放流423号(本年32号)  標識放流


パソコンの不調でしばらく更新出来ませんでした。

 2016年10月1日にいつもご協力いただいている植村壮一郎さんがご自身の記録18号の標識放流をして、そのデータをいただきました。植村さんご協力ありがとうございます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 釣獲日:2016年10月1日
 釣り人:植村壮一郎さん
 全長:125cm
 体重:28kg
 
0

2016/9/20

標識放流421〜422号(本年30〜31号)   標識放流

 
 2016年9月16日、またも植村壮一郎さんと山中洋希さんがアカメを釣って標識放流をしました。今回で、植村さんの標識放流数は17号になります。
 「非常に綺麗な体をした2匹でした。」とは釣って標識を装着した植村さんのコメントです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

釣獲日:2016年9月16日
 釣り人:植村壮一郎さん
 全長:94cm
 標準体長:78cm
 

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

釣獲日:2016年9月16日
 釣り人:山中洋希さん
 全長:98cm
 標準体長:83cm
 
 植村さん、山中さんおめでとうございます。

 植村さん、標識放流お疲れ様でした。
0

2016/9/19

標識放流419~20号(本年28~29号)  標識放流


2016年9月9日、植村壮一郎さんがご自身の標識放流14.15号を達成されました。

 釣り人は植村さん本人と濱口虎大郎さんです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 釣獲日:2016年9月9日
 釣り人:植村壮一郎さん
 全長:111cm
 標準体長:94cm
 

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 釣獲日:2016年9月9日
 釣り人:濱口虎太郎さん
 全長:109cm
 標準体長:92cm
 
 植村さん、濱口さんおめでとうございます。
 
 それにしても、釣られるアカメがそろって大型というところが凄いですね。

 植村さん、標識放流お疲れ様でした。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ