2009/9/28

プチ断食のダイエット効果  プチ断食 効果

通常、体内では食べ物をエネルギーに変えて代謝させています。

その元となるのが食べ物ですが、普段私たちが食べている食べ物の量は、代謝させるエネルギーを充分に満たしていて逆に食べすぎな位だそうです。

食べ過ぎると、胃腸が疲れてしまってしまいます。

これがプチ断食をすることによって胃腸を休めることができ、その間に疲れた機能が充分に癒され回復してくるということなのです。

その後にエネルギーが使用され、新陳代謝が活発化されていきます。

こうなると徐々に体重が落ちてくるし、リバウンドもなかなかしない体作りが期待できると思います。

断食というのはダイエットだけではなく、体の中にある要らないもの、つまり老廃物や有害物質を体外に排出してくれる効果もあります。

これが今の言葉で言うとデトックスということになります。

また、糖尿病などの生活習慣病なども食生活が改善されることにより、改善されてくると思いますので、プチ断食というのはダイエットだけでなく、体にもより効果が期待できる方法なのです。

断食というのは、ダイエットだけでなく生活習慣、禁酒、タバコ、ストレスなど色々な場面で効果を発揮するものだと思います。

また新陳代謝もよくなるために、ダイエットにもつながるし、免疫系や組織の方にもエネルギーが利用されるので、病気の早期発見、早期治療にも繋がってくるすごい方法なのだと思います。

従って、プチ断食はダイエットにも効果が期待できる方法となると言う訳です。

2009/9/28

休日を利用してプチ断食  

プチ断食というのをやってみたいけど、やり方が分からないのと、やるとなっても通常の日じゃ出来ないんじゃないかと思う人も多いと思います。

普通のサラリーマンの人だと、出来るのが土日しかないと思っている人も多いと思いますが、ここでプチ断食としていいのが週末を利用して行うプチ断食です。

金曜日、土曜日、日曜日の3日間で断食をしてみるのです。

まず、金曜日はプチ断食を始める前準備の日ということで朝、昼は普通に摂取し、夜をいつもより少なめに摂取します。

この前準備の日を行うことによって体に断食をするということを教えてあげるのです。

次に土曜日の断食の日ですが、まったく飲まず食わずというのは体には逆に悪いです。

ですから、空腹を紛らわせるために野菜ジュースやしょうが紅茶などを飲んでおきましょう。

野菜ジュースも市販の物は意外にカロリーがあるので、摂取しすぎには注意しましょう。

また、何もせずに一日家にいると食事のことばかり考えてしまう可能性もありますので、軽い運動をしたり寝てみたり好きなことをして一日を過ごしましょう。

プチ断食の最後の日は回復する日として、朝食は体がびっくりしないようにおかゆなど消化がいいものを食べましょう。

このときも早く食べないでゆっくり食べるようにしましょう。

昼食はいつもの半分の量にしましょう。

夜は普通に食べるようにしましょう。

しかし食べすぎはよくありません。

せっかく小さくなった胃も元に戻ってしまいます。

よく噛んでゆっくり食べるように心がけてください。

2009/9/28

プチ断食をして花粉症対策  プチ断食

花粉症とプチ断食には意外にも効果があることが分かっていて、通常花粉症対策を考えるときは花粉を自分の回りから排除する方法や、花粉による被害を少なくすることを考えますが、ここでは腸を活性化させ免疫力を高めて花粉症対策をすると言うように考えます。

腸と言うのは人体の中の免疫器官でもあります。

考え方としては腸を元気にしたりきれいにしたりすることで免疫力を高める事ができ、免疫力が高まると花粉症にもかかりにくくなると言うような感じになります。

その理由に、アレルギー性の鼻炎の場合を例に挙げてみます。

鼻炎になると鼻水や痰がでるようになり、それを外に出さないでいると飲み込んでしまって体内に取り入れてしまいます。

そうすると、鼻水の中に含まれている花粉が腸に入り込み、そこから体内に入ってくるということになります。

この体内に入った花粉が、体内でアレルギー反応を起こし、腸にある粘膜を傷つけてしまい、花粉症となってしまうのです。

ですから、このアレルギー反応の元となる菌を腸内に入れないようにする。

つまり外に排出してしまえば花粉症の反応は出なくなると思います。

そのためには、プチ断食をして腸内をきれいにし、腸内にある菌を外に排出させるようにすればいいという訳です。

というように、花粉症にプチ断食が効果あるという理由が分かったでしょうか?無理する必要はないし、効果には個人差があると思いますが、試しに実行してみてはいかがでしょうか?

2009/9/28

プチ断食をしてデトックスをしよう  プチ断食

プチ断食ということで、食事を体内に入れない、取らないということで内臓を休ませることが出来、内臓の負担を減らすことが出来ます。

プチ断食をして毒素など有害な成分を体外に排出してデトックスが出来ます。

また、食生活を改善するのにも効果があると言われています。

では、プチ断食とはいったいどういう風にすればいいのでしょうか?ここでは一般的に知られているプチ断食の方法である3日間に分けて行うタイプの断食方法をご紹介します。

ここでは「前準備」「本番」「回復(ケア)」の3日間で行います。

普通に食べなければ大丈夫と思い込んで1日だけ断食をするとなるとリバウンドがきてより悪くなる可能性がありますので、ゆっくり日にちをかけてやるようにしましょう。

まずは、「前準備」の日です。

この日は食事の量は変えなくてもいいですが、食べるものを消化がよいものに変えるようにしてみましょう。

できるだけ胃に負担がかからないようにしましょう。

次は「本番」の日ですが、水とかの水分だけを取るようにして食べ物はとらないようにします。

水だけだと空腹感を紛らわせるのが大変だという場合は、スポーツドリンク、野菜ジュースなど栄養分が含まれている飲み物を飲むようにすればいいと思います。

最後に「回復(ケア)」の日ですが、この日の朝・昼は消化のよい食べ物を食べるようにしましょう。

そうすることで胃に負担もかからないと思います。

また、食べる量も気をつけましょう。

食べ過ぎるとリバウンドする可能性が高くなりますので注意しましょう。

また、できることなら油物などは避けた方がいいと思います。

2009/9/28

プチ断食の方法について  プチ断食

プチ断食でダイエットをする方法には朝だけプチ断食をするとか、半日とか1?2日プチ断食するとかそういう方法があります。

プチ断食をすることで胃腸を休ませることができ、その結果脂肪を燃えやすくさせることができる体にすることが出来ます。

プチ断食の原理とはどういうことかと言うと、現代の生活には食べ物がたくさんあり、多くの人が食べ過ぎの傾向があると思います。

そこでプチ断食をすることにより胃腸を休ませることができるので体の回復にも繋がると思います。

体の余分なものや老廃物などを断食により燃焼させ、一度胃腸をリセットさせることにより基礎代謝をあげることができ、その結果太りにくい体作りが可能になります。

ではここでプチ断食の方法をご紹介したいと思います。

まず、朝だけ食べ物じゃなく野菜ジュースなどに置き換える方法です。

例えばにんじんを主にしたジュースを飲むとビタミンやミネラルが摂取できる他、代謝もよくなるために体も暖めることが出来ます。

また、ここで注意して欲しいのが朝食を抜くと痩せると言う誤解です。

朝を抜いたから昼食と夕食はたくさん食べても平気と思ってたくさん食べ過ぎると逆に太ってしまいます。

一回の量を摂りすぎると体脂肪になりやすいので太り勝ちになってしまいますので、朝昼晩バランスよく摂取するように心がけましょう。

プチ断食はやり方を間違えると危険な行為になる可能性がありますので正しいやり方でよい結果がでるようにきちんと把握しましょう。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ