旦那がうつになった時の対処法について!  うつ病



現代社会で生きていく中で、ストレスを感じることなく生活(変わらないことの繭り返しに思えても、実はそれが一番重要なのかもしれません)行う方 は少ないと思います。

誰もがストレスを感じて生きているからこそ、いつ何時、自分の身にうつ病が襲い掛かってくるかもわかりません。

もし、あなたの一番みじかにいる旦那さんがうつ病と診断された場合、あなたはどのように対処しますか?

やはり、一番身近にいる大切な人ですから、早く良くなって欲しいと願うのは当たり前のことですよね。

でも、「頑張って!」「早く良くなって!」などと励ましてはいけないということもよく聞きます。

励ましたりするのは逆効果になってしまうことが大半で、精神的に弱っている方からすれば、非難されているのと同じなんだそうです。

そんなことをいっているつもりはなくても、相手に自分は何も出来ない人間なんだと思わせてしまいます。

旦那さんがうつ病(気分障害の一種であり、精神疾患です)だとわかったら、旦那さんの負担を減らしてあげるべく、仕事を思い切って休むことを勧めてあげてください。

どうしても休めないようであれば、休日はゆっくりと休む時間をとってあげて下さい。

体も心も落ち着かせてくれる時間が何よりも必要なのです。

ゆっくりと過す時間が取れた時には、旦那さんの話を聞き上手になって、じっくりと聞いてあげて下さい。

旦那さんとの会話で、旦那さんがどのような感情を持っているのか理解して、旦那さんの話に共感を示すことが大事なのです。

何か大きな決断で迷ってしまい、追い込まれてうつ病になったとしても、その時に大きな決断を迫るのは止めましょう。

精神的に追い込まれている時に決断をしても、何も良いことは生まれません。

すぐに良くなろうとするのではなく、時間を掛けてゆっくりと治療していけば良いという気持ちをあなたご自身が持つように心掛けて、できる限り温かく旦那さんと接してあげて下さいね。








うつ病の治し方と改善方法について!



うつ病の人への接し方を考える!  うつ病

うつ病の人へ「がんねって」と言う言葉は掛けてはいけない、と耳にした事はありませんか。


自分は励ましているつもりでも、うつ病の人にとってはその言葉が逆にプレッシャーとなり、余計にその人を追い込む結果となるのです。


そんな風に捉えられてしまったら、他にどんな言葉を掛けてあげればいいのか迷ってしまいますよね。


それでは、うつ病(早期治療が何よりも大切です。放置するととても危険ですし、治りづらくなってしまうでしょう)の人に対してどうやって接していけばいいかもしれません。


まず、聞き上手くなってあげて下さい。


うつ病の人の話をよく聞いてあげて、気持ちに共感してあげましょう。


その際に、内容がおかしかったり、間ことなっていたりしても、とりあえず最後まで話を聞いてあげる事が大切です。


また、うつ病(真面目で几帳面な人ほど罹病リスクが高いといわれています)の人は、発症するまでに自分ひとりでがんねってきたはずです。


その頑張ってきた事を十分に認めてあげて下さい。


そして、このような状態になってしまった事は、決して自分の責任(具体的には色々な取り方があるものですが、辞任する、辞めるという取り方も少なくないですね)じゃなくて病気のせいだと言う事を伝えてあげて下さい。


うつ病の人の性格が変わってしまったとしても、それは病気だからです。


うつ病が治れば症状も消えていきますので、誤解しないように接していきましょう。


うつ病の人に大切なのが、休養です。


うつ病(早期治療が何よりも大切です。放置するととても危険ですし、治りづらくなってしまうでしょう)は、急に良くなるような病気(早期発見、早期治療が完治のためには必要不可欠でしょう)ではなく、のんびり、のんびり治っていくものです。


決して焦らないように休養をとる事を勧め、周りもうつ病(細川貂々さんのエッセー漫画「ツレがうつになりまして。」が話題になりました)の人の感情に振り回されない事が大切です。


完治には長い時間が掛かる事をよく理解し、忍耐強くうつ病の人の感情に寄り添ってあげる事を心掛けて下さい。















AutoPage最新お知らせ