静工同期交流会(東京見物&寄席を観る集い)170427〜28  

静工同期交流会
(東京見物&寄席を観る集い)



2017.4.27〜28
毎年恒例の静工(建)同期交流会(春の旅行)は東京見物&寄席を観る集いを開催しました。
2日間共、スケジュール通りに廻れて時間に余裕が出たので日本科学未来館まで立ち寄ることも出来ました。

【1日目4/27(木)】
東京スカイツリー見学(昼食含む)〜上野国立西洋美術館鑑賞〜日本科学未来館〜お台場大江戸温泉物語(泊)
【2日目4/28(金)】
お台場大江戸温泉物語〜浅草寺散策(約1時間15分)〜浅草演芸ホール寄席(昼食含む)公演11:30〜16:30 (約5時間)〜浅草にて解散。

今回は東京組の幹事で企画、参加者は静岡組7名、横浜組7名、計14名でした。


クリックすると元のサイズで表示します
東京スカイツリー
もう鯉のぼりが泳いでいました。


クリックすると元のサイズで表示します
350m展望デッキ入場券


クリックすると元のサイズで表示します
東京スカイツリー350m展望デッキ(1)

天気も薄曇りで富士山も見えなかったので350m展望デッキまででとしたが、どうしても1名が一番高いところまで行きたいという事で450m展望回廊まで登ったようだが、多少角度が違うだけだったと言っていました。


クリックすると元のサイズで表示します
東京スカイツリー350m展望デッキ(2)
ソラカラちゃん5周年記念見学日
2017年4月27日


クリックすると元のサイズで表示します
東京スカイツリー340m展望デッキ(3)
ガラス床から見た東京スカイツリーは脚がムズムズして来る。


クリックすると元のサイズで表示します
国立西洋美術館(1)
シャセリオ―展
テオドール・シャセリオー(1819〜1856年)は、ロマン主義のフランス人画家。
37歳の若さで亡くなった早熟の画家でした。
テレーズ・ガバリュス像の肖像、自画像もある。


クリックすると元のサイズで表示します
国立西洋美術館(2)
国立西洋美術館前到着。


クリックすると元のサイズで表示します
国立西洋美術館(3)
中庭も新緑で綺麗です。


クリックすると元のサイズで表示します
国立西洋美術館(4)常設展
パブロ・ピカソ(1881〜1973年)
男と女(1969年)


クリックすると元のサイズで表示します
国立西洋美術館(5)常設展
ジョアン・ミロ(1893〜1983年)
作品名不明


クリックすると元のサイズで表示します
国立西洋美術館(6)
弓をひくヘラクレス(エミール=アントワーヌ・ブールデル)と遠くに見える門が地獄の門(オーギュスト・ロダン)です。


クリックすると元のサイズで表示します
国立西洋美術館(7)

カレーの市民(オーギュスト・ロダン)と世界遺産登録された国立西洋美術館。
1959年、世界中の建築物や都市計画に多大なる影響を与えたとされるフランス人建築家ル・コルビュジエが設計しました。


クリックすると元のサイズで表示します
ゆりかもめ(豊洲駅〜テレコムセンター駅間)
車内


クリックすると元のサイズで表示します
ゆりかもめ(豊洲駅〜テレコムセンター駅間)
東京ビッグサイト(東京国際展示場)
東京都江東区にあり展示ホール、国際会議場、レセプションホールなどを備える日本最大のコンベンション施設です。


クリックすると元のサイズで表示します
日本科学未来館(1)
外観
「日本科学未来館」は、東京のお台場にある国立の科学博物館です。
2001年7月に開館。館長は宇宙飛行士の毛利衛さん。
予定にはなかったが、お互いにボケ防止のためと思い切って入ることにしました。


クリックすると元のサイズで表示します
日本科学未来館(2)
5階常設展示ゾーン内
何もかもが目を見張るような展示でした。


クリックすると元のサイズで表示します
日本科学未来館(3)
3階常設展示ゾーン内
ASIMO(アシモ)
愛・地球博(2005年 3月25日〜9月25日開催)へ行った時にトランペットを吹くASIMO(アシモ)を見たが、現在のASIMO(アシモ)は動作が機敏になっている。
片足飛びも出来るし、サッカーボールを蹴る事も出来るようになっていました。


クリックすると元のサイズで表示します
お台場東京温泉物語(1)
宴会
東京には温泉地みたいな処はないが、団体で泊まれて各種温泉があって宴会も出来るという事でここに決めました。
残念ながらカラオケがないのがちょっと寂しい。


クリックすると元のサイズで表示します
お台場東京温泉物語(2)
二次会
この日も良く食べ、良く飲みました。
翌日は何をどこで飲んだのか分からないほどでした。
まあ一年に2〜3回ぐらいあっても良いのではと自分に納得です。


クリックすると元のサイズで表示します
ゆりかもめ(テレコムセンター駅〜新橋駅間)
船の科学館
翌日もゆりかもめの半分の路線へ乗りましたが、こちらの方が遥かに車窓からの景色は良いです。


クリックすると元のサイズで表示します
先頭車両運転席(1)
ゆりかもめは無人運転で見晴らしの良い運転席に座れて最高でした。


クリックすると元のサイズで表示します
先頭車両運転席(2)


クリックすると元のサイズで表示します
浅草散策(1)
金龍山浅草寺雷門
浅草寺の山門。
正式名称は風雷神門であり、「雷門」と書かれた提灯の逆側には「風雷神門」と書かれている。


クリックすると元のサイズで表示します
浅草散策(2)
金龍山浅草寺仲見世
いつ来ても見物客が多いですね。
その半分が外人だと思っても間違えなく外人客が多い。


クリックすると元のサイズで表示します
浅草散策(3)
金龍山浅草寺宝蔵門
2007年に改修工事が行われチタン製屋根瓦に替わっている。
五重塔は現在改修中です。
仲見世通りも綺麗になり外人客には人気がありますね。


クリックすると元のサイズで表示します
浅草散策(4)
金龍山浅草寺本堂観音堂
宝蔵門と同様に チタン製屋根瓦に替わり白光りとしたいぶし銀のような瓦で綺麗。
チタン製の瓦は耐候性に優れているだけでなく重さが従来の瓦の約1/8になるため、耐震性が飛躍的に高まるそうです。


クリックすると元のサイズで表示します
浅草散策(5)
金龍山浅草寺二天門
本堂の東側、浅草神社の鳥居に向って右手に建っている。
二天門は元和4年(1618年)浅草寺境内に東照宮の随身門として建てられたそうです。


クリックすると元のサイズで表示します
浅草散策(6)
浅草神社(あさくさじんじゃ)
東京都台東区浅草の浅草寺本堂右隣にある神社である。
通称に三社権現(さんじゃ ごんげん)、三社様(さんじゃ さま)と言われている。


クリックすると元のサイズで表示します
浅草演芸ホール前

11時半に着いたが既にかなりの人数の方が並んでいました。
こちらは予約していていたので全員集まったところで説明を聞いたあとスムーズに入場出来ました。
本当は後半の仲入りから見たかったが、ただ予約するときに団体椅子席は無く全て自由席になっているため、早めに来ないと椅子を確保できないと言われ、止むを得ず昼の部を全て見てきました。

歩いた歩数:1日目 11,810歩(約7.7km)
        2日目  6,830歩(約4.4km)でした。


今回企画して思った事:


静岡の仲間たちは東京を見る機会も少ないし、目ぼしい東京スカイツリー浅草上野お台場落語の寄席へと盛り沢山でしたが無事にご案内が出来ました。

東京は交通網が多く電車に乗ったり、バスに乗ったり、地下鉄に乗ったり、上がったり下りたりして団体では結構めまぐるしく動くことで誘導が大変でした。
この交流会は温泉で一泊してゆっくりする事だが、残念ながら東京には温泉地もなく、温泉に浸かってゆっくりするためには東京周辺の温泉地をご案内しなければならないと思う。
神奈川県、山梨県、栃木県は既にご案内したし、まだ行っていない千葉県の温泉地でお魚も美味しいところも良いのではと思いました。

最後に会計幹事や仲間たちの引率誘導や飲み会の手助けもして頂いたKさんには本当に感謝です。
次回は静岡組の幹事さんになりますが、健康で脚が丈夫でいる限りいつまでも続けていけたら良いなと思っています。

青葉の百姓 2017.4.29記


ネット仲間からのコメントです。

--------------------------------------------------
さぬきふじ・2さん
2017年04月29日 10:45
写真眺めながら、東京見物できました。
スカイツリーにこいのぼり!  季節感が出てていいですね。
浅草寺も昔行った記憶がありますが、段々記憶も薄れてきて来ます。

青百
2017年04月29日 11:22
さぬきふじ・2さん、
静岡の人たちも近いのに東京へはなかなか来る機会もないし東京見物も良いと思いました。
それに静岡の仲間はスイカやパスモも使わないので電車やバスや地下鉄の乗り換えで切符を買うのが大変です。
スカイツリーへ着いたらこいのぼりが泳いでいました!  
もう5月のお節句です。


青葉の百姓 2017.4.29追記


-------------------------------------------------
さぬきふじ・2さん
2017年04月30日 09:02
青百さん、
東京見物もいいものだろうと思ってます。
高松空港からの1泊、2泊で、日中はフリーというトラピックスがありますので、行こうか?  と話してます。
行けば、はとバスが便利だろうし、高尾山にも行って来よう・・・などと欲張りな思いが一杯出てきます。
5日には西宮に新築祝いで出かけて、奈良の友達にも会いたいしなあ〜なんて、此れも欲張ると坂出に帰ってこれなくなりそう・・・・

青百
2017年04月30日 10:13
さぬきふじ・2さん、
地方の仲間たちは東京へも近いが単独で行くと何処へ行ったら良いか迷うし、交通網が多く乗り換え乗り換えも多く、出歩くことを躊躇してしまうし、なかなか行けないものです。
東京見物は江戸の歴史をたどることも良いです。
高松空港からの1泊、2泊で、日中はフリーというトラピックスもあるのですか?
はとバスは便利ですね、高尾山は春の桜も良いですが、5〜6月の新緑、秋の紅葉も良いです。
これからは行動の季節です、どこへでも出歩くことが健康の秘訣だね!


青葉の百姓 2017.4.30追記


----------------------------------------------------
ご無沙汰しています
投稿者:ふぅ
投稿日:2017年 5月 1日(月)03時58分56秒
静工の同期交流会が終わったのですね。
良いお仲間があって、最高です。
寄席を見るなんて、洒落ていますね(^◇^)
国立西洋美術館は私も行ってみたい所です。
先日花桃の里へ行ってきました。
晴天に映えて、とてもきれいでした。

投稿者:青百
投稿日:2017年 5月 1日(月)09時04分25秒
ふぅさん、コメントありがとう。
昨年、年に2回実施している静工(建)同期交流会は名古屋・常滑行きでしたが、あっという間に東京の同期交流会になりました。
久しぶりに寄席を観ましたが、寄席を観るのも良いですね。
全部が自由席になっていて、かなり前から数珠つなぎのように大勢並んでいました。
団体で行くと事前予約はしたが、席を仮に確保してくれるものの、昼の部の始まる前に全員が入らないと席が確保できないのです。
止むを得ず、前座から仲入りと最後まで観てきました。
国立西洋美術館も良いですね。
普通に見て常設展、企画展を一通り観ると1時間以上はみていた方が良いです。
花桃の里へ行って来たのですか?。
花桃は晴天に映えて、綺麗ですね


青葉の百姓 2017.5.1追記


----------------------------------------------------
プー太郎さん
2017年05月08日 13:38
青百先輩が、幹事でしたか。
大役を果たされて、ホッとしておられることでしょう。
奥様達もご一緒の宴会というのは、緊張するでしょうね。
不肖わたしは、夫婦揃っての宴会などには、何十年も出たことがありません。
大江戸温泉物語に泊まれるのも、初めて知りました。(そもそも、行ったことがありません。)

青百
2017年05月08日 13:57
プー太郎さん、コメントありがとう。
静岡の仲間たちは近くへ行くときは東海道線1本であり、電車・地下鉄の乗り継ぎ乗り継ぎはないのでスイカのようなものは便利なものは持っていません。
東京ではスイカのようなものがないと切符は買わなければならないし時間には遅れるし、大勢の仲間達を引率するのに大変でした。
やっと終わりホッとしています。
次回は静岡組の幹事で秋に実施する予定です。
楽しみです。
我が夫婦同伴同期会は縁があり10数年も続いており、奥様族は緊張するというより旦那のうっ憤晴らしの宴会です。
夫婦同伴同期会も楽しく良いですよ!
東京へご案内するには残念ですがカラオケ付き温泉旅館もないし、その辺が今一です。
プー太郎さん、一度は大江戸温泉物語へ泊まられて、仲間たちと一杯飲むのも良いですよ。
当日帰りの心配もないし・・・。


青葉の百姓 2017.5.8記


---------------------------------------------------
さぬきふじ・2さん
2017年05月11日 14:44
同期会も夫婦同伴だと、安心して出かけられますよね。
奥様が、家の用事をしなくて済みますから、一番楽しまれるのじゃないかしら・・・・ご主人様の手のかからない人は尚更、ラッキー!
ホント、息抜きだけ来ますからね。
近場の見物で、温泉に入りユックリ泊まれるのが一番!!

青百
2017年05月11日 16:18
さぬきふじ・2さん、
今回の幹事は東京組だったので皆さんは東京スカイツリーに行っていないと思うので東京見物にしました。
この同期会は夫婦同伴旅行だし、気心も知れてゆっくり出来ます。
東京は温泉地へ行ってゆっくりする事は出来ないが、お台場東京温泉物語は交通の便も良く、お風呂に入って、宴会した後も色々な出店も多く、二次会も出来てゆっくり泊まれるのが良いです。
ただ残念なことに温泉旅館でもないし、カラオケも出来ないのが難点です。
東京は近くてもなかなか行けないところなので思い切って東京見物にしました。
次回は静岡の人たちが企画してくれるようになっており、何処か温泉地へ行って温泉に浸かってカラオケも出来るところが良いです。
まあ半年に一回の交流会だが夫婦ともども楽しみにしています!!


青葉の百姓 2017.5.11追記





2




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ