コメントをする際は最低限の社会的マナーを守って下さい
2015/10/15  18:09 | 投稿者: 管理者

まだ2隻ストックがあるのにも関わらずフジミのパンターG型(1/76)を買ってしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します

バリが多くなかなか手強そうです。塗装指示もかなりガサツです。迷彩は・・・特に気にせずラフにやってみようと思います。粗は汚しで隠せますから(笑)
0

2015/10/9  23:40 | 投稿者: 管理者

ずっとパテ盛りと切削ばかりで気が滅入ってきたのでサフ吹きをしました。
成型色のままだと十分にヒケを埋められたと思ってもサフを吹くと思った以上に穴が大きくて埋まっていなかったなんてことはよくあることで、今回も秋月、漁船ともにきちんとヒケを埋めることはできていませんでした。再度、パテ盛りと切削の作業に戻ります。
0

2015/10/6  4:46 | 投稿者: 管理者

1/150漁船と並行してアオシマの1/700秋月も作っています。艦橋と煙突を組み立て、隙間を溶きパテで埋めつつ船体の"ヒケ"を溶きパテで埋めています。漁船も似たような作業をやっているので乾燥待ちの時間は暇です。部品点数が少なくて組み立てるのは楽です。しかし、長10cm高角砲の根元が何故かキャンバスカバー。これでは特型〜丙型に積まれていた12.7cm連装砲じゃないかと突っ込みたくなります。
0

2015/10/3  16:11 | 投稿者: 管理者

7月に購入したGreenMaxの1/150サイズの漁船の組み立てを3ヶ月ぶりに再開しました。10t程度の小型の木造漁船がモデルらしいのですが、改造しやすそうな構成だったので2隻のうち1隻は改造してちょっと近代的にしてみようと思い甲板の木目モールドを全て削り取って鉄甲板っぽくしてみました。
0

2015/10/1  21:29 | 投稿者: 管理者

USB3.0対応のHDDにも関わらず3.0のポートのいずれにケーブルを挿しこんでもバックアップイメージが保存されたHDDを復旧システム側が認識してくれなかったために焦り、手間取りました。途中で相性問題だと気付いて無事に復旧プロセスを進めることができましたがこれに気付かなければ折角買ってきたSSDが無用の長物と化したか、もしくはWindowsやその他諸々のソフトウェアを泣きながら再インストールしていたかもしれません。とりあえず、デバイスを壊すことなく作業は終了しました。
換装前後で時間を正確に計ったわけではありませんがコンピュータの起動やシャットダウンの時間は短くなりました。空き容量に余裕があるからなのか、それとも新品のSSDだからなのかは分かりませんが、こいつを自作した当時と同じくらい短く感じます。
取り外した旧CドライブのSSDですが、使い道が定まっていません。捨てませんし売却するつもりもありませんが今のところ手元で使い道がありません。データドライブとして使おうにも、2つしかないSATA3ポートは起動ドライブとデータ用のADATAのSSDが使っているために使えません。SATA2ポートは空きがあるのですがSSDをそこで使うのはなんとももったいない気もします。こんなことになるなら1年半前にADATAのSSDを買ったときに多少出費が増えること覚悟で240GB帯のSSDを買っておけばよかったと激しく後悔しています。
0




AutoPage最新お知らせ