伊勢と出雲を結ぶ天穂日命

  
 
天穂日命は記紀神話の中でもホツマの中でも、あまり重大な役目を果たした神という印象がありません。けれども、天穂日命は、非常に大きな役目を果たされたといっても過言ではないように思います。 
 天穂日命は、実は天照大神の長男として誕生し、その誕生地は、ホツマの記述から丹後半島、京丹後市大宮町大宮売神社周辺と考えられます。ここに天照大神のもとへ入内した母君のモチコ姫とその妹である、ハヤコ姫が北局(ねのつぼね)としていらっしゃったと考えられるからです。
 その後、母君のモチコ姫はハヤコ姫とともに事情によって宮中を離れ、天穂日命は中宮である瀬織津姫に養育されます。
 ホツマによれば、やがて出雲で素戔嗚命の御子である大己貴命が、民の暮らしを豊かにする一方で、天照大神と瀬織津姫の御住まいになる伊雑宮の質素で雅な御所とは比べものにならない、巨大神殿を建造したことなどから、高天原の中央よりお咎めがあり、国替えを命ぜられました。その時の交渉役として派遣されたのが天穂日命、その御子神御熊神=天日名鳥命です。いずれも、交渉はうまく進捗せず、おそらく二神ともに出雲勢力によって捕えられ、軟禁状態にされたと思われます。 その後、アメワカヒコの交渉も失敗し、高天原は今度は、軍事的威嚇も含めて国替えを強制執行します。大己貴命は、これによって屈服し、青森の岩木山に遷されます。 
 そして、出雲の統治は天穂日命が担うこととなったわけです。天穂日命は、最晩年には六甲にお越しになり、ここで神上がられたものと推定します。 
 現在の出雲大社の宮司家である千家家と北島家はいずれも因幡国造と同じく、天穂日命の末裔といわれています。
 出雲大社では、素戔嗚命を祀っていたというのが、有力な説です。現在は大己貴命を主祭神として祀り、素戔嗚命は、本殿の奥に祀られています。出雲大社とは本来父君である素戔嗚命を厚く祀ろうとしたものだったのでしょうが、いつしか大己貴命自身も慢心して、中央の指示に従わなかったりしたことがお咎めの要因と思われます。民に肉食を許し、多くの民が短命になったことなど、ネガティブな面もありますが、全国各地に残る大己貴命伝承から察すれば、総じて農業を盛んにし、人々の生活を豊かにした功績は大きいと思います。

 天穂日命は、複雑な立ち位置にあったと思いますが、神代の時代より、伊勢=高天原と出雲の勢力とを結びつける大役を担いました。本来ならば、直系の父母の系統を祖神として奉るのですが、天穂日命は敵側であった素戔嗚命、大己貴命を厚く奉る役割を果たしたのです。このこと自体が、普通ではなかなか実行することのできない重要なことではないでしょうか。
 天穂日命は母君であるモチコ姫の悲願であった9代目の天神にはならないで、いわば平安時代の源氏・平氏のように臣籍降下した、ともいえるのですが、その系統からは皇室と日本を守るために多大な貢献をしてきた人物を多く輩出してきました。皇室・宮中にいてはできないような皇室のための、国のための大きな役割をそのような立場からになってきたわけです。 ですから、元をただせば天照大神の血統をひいており、その血統を日本中津々浦々へと広げていったといえるのです。9代天神にはなれなかった穂日命が、出雲統治という大事な役目を担い、神上がる際には、伊勢の神、瀬織津姫の御陵=六甲比命の磐座を守るお役目を果たし、その子孫は土師氏として、日本の国に大いなる貢献をしてきました。その産みの母親であるモチコさんにとって天穂日命は本当に誇らしい御子であり、その子孫たちの血統の活躍も喜ばしいこととお感じになっているものと思われます。 
 そして、平成26年5月27日、高円宮典子様と天穂日命の直系子孫である出雲大社の千家国麿様がご婚約を発表されました。このことには、大きな歴史的意義があるものと思います。
 出雲と伊勢は天穂日命の時代より、その和合が図られてきています。皇統から離れて2000年以上、現代において天穂日命の直系子孫と、皇室の血統をダイレクトに引き継ぐ方が、婚姻を通じてご一緒になる、というのは確かに一大事件なのです。 
                 
クリックすると元のサイズで表示します
1


トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ