天穂日命石像奉納活動スタート!

  
 いよいよ本日より、天穂日命石像奉納の募金活動をスタートします。 

すでに、東北のKさんから8000円のご寄附を頂戴しております。ありがとうございます。
 寄付の金額はいくらでも結構ですが、 瑠璃さんの献身的なご協力により、瑠璃さん作の天穂日命、瀬織津姫、八上姫の肖像画を800円につき1枚でお分けいたします。 枚数、種類などをお知らせください。
 
寄付金のお振込先は以下のゆうちょ銀行の口座へお願いいたします。 


ゆうちょ銀行 15220 5123991   ヤカミハクトファンクラブ

お振込みをされた方は、当会までメールにて連絡先とお名前をお知らせください。メールアドレスはコメント欄の 白兎の小使い の名前をクリックするとでてきます。簡単な自己紹介もお気軽にどうぞ。  寄付をされた方は、このサイトで、ご芳名を紹介させていただきます。 なお、匿名ご希望の方はその旨をお伝えください。   
 

クリックすると元のサイズで表示します
瀬織津姫と白龍

クリックすると元のサイズで表示します
天穂日命

クリックすると元のサイズで表示します
鳥取市桜谷の瀬織津姫

クリックすると元のサイズで表示します
賣沼神社の八上姫

クリックすると元のサイズで表示します
天界の八上姫
1

天穂日命の像奉納計画!!!!

  
  一昨年2011年暮れには福本の白兎神社に兎像の奉納を、そして、2012年には瀬織津姫石像奉納を計画して今年3月には、鳥取市桜谷の桜谷神社へ無事に奉納することができました。
 いずれも地元の氏子の皆さんをはじめとしてお喜びいただいているのではないかと思いますし、神々の顕彰に少しでも役立っているものと思います。。

  八上白兎ファンクラブとして、次回の奉納計画をずっと考えておりました。
 因幡で大切な祖先神、天穂日命の顕彰活動が重要ではないかと思います。

 因幡全土が土師氏の拠点ともいってよいくらい土師氏ルーツの方が多く、因幡の白兎、白兎信仰とも重なりあっています。 
 
 ところで、瀬織津姫の奥都城が六甲にあり、その瀬織津姫の磐座の真東、直線距離にしてわずか300メートルの地点に天穂日命の磐座が位置しているのです。そこから冬至の日の出方向にピタリと、天穂日命を主祭神とする芦屋神社があります。
 これは推定ですが、出雲で大己貴命を奉ることを使命とされた天穂日命は、晩年には、この六甲山へお越しになって、そこで神上がられた(逝去された)のではないでしょうか。そして、その場所の決定に関しては、前後関係は不明ですが、瀬織津姫の奥都城(予定地)をお守りする意図があったのではないでしょうか。

 それはともかく、天穂日命の子孫である菅原氏や大江氏、秋篠氏の系統は、皇室、日本の国を守るために大きな活躍をされた人物を多く輩出しています。その元となる天照大神の第一子の御子神である天穂日命を、日本で最も御縁が深い因幡の地において顕彰することは大切だと思います。
 第3弾の像の奉納計画として天穂日命の像を考えております。
 この夏に、奉納先の神社を決定するつもりです。

クリックすると元のサイズで表示します

 六甲山 天穂日命の磐座
1

次の奉納計画、発表間近!!

2012/2/29 
 八頭町福本の狛ウサギ奉納に続く、次の奉納の計画が固まりつつあります!
皆さん、次の奉納経過兎にもご協力、なにとぞよろしくお願いいたします!

もう間もなく発表いたします。
1

現在入会費・寄付金総額

2011/12/12 
 現在通帳に記載された総額は77000円です。
福本白兎神社の制作費及び設置費の総額は385000円です。
八頭町福本が地区単位で、御寄附を予定されています。ありがとうございます。
 それを考慮させていただきますと目標額まであと20万円、と思われます。
皆さま、なにとぞよろしくお願い致します。
0

もう少しで、粘土製の原型が

2011/11/1 
 八頭町の福本白兎神社に奉納予定の神ウサギ=狛ウサギは現在、石材店でその原型を粘土で作成してもらっているところです。もう少しでそのミニチュア原型が出来上がります。
 製作費ももう少しで、はっきりしそうです。

 皆さま、御協力ありがとうございます。上手くいけば年内に鎮座できそうです。
  
0



AutoPage最新お知らせ