アカメ調査室 2011年8月1日開設

2018/9/22

標識放流479号(本年25号)  標識放流


山中弘樹さんから驚きの、メールが届きました。

「9月15日に自分が中洲で釣って放流したアカメですけどタグが抜けていたため新しいタグを打ちました!
アカメのサイズ、片目を失ってる、傷から同じアカメだと思われます!」

 まさに、15日に釣って標識放流したアカメとデータが全く同じです。打ったタグが抜けていたというのは植村さんの経験でもありました。
 とにもかくにも、アカメはタフですね。
 これはこれでとても貴重なデータです。山中さん お疲れさまでした。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



釣獲日: 2018年9月21日
釣り人:山中洋希 (ヤマナカ ヒロキ)さん
住所 :高知市在住
全長:127cm
標準体長:108cm
体重:29s


 山中弘樹さん おめでとうございます。
 お疲れさまでした。
0

2018/9/21

標識放流478号(本年24号)  標識放流


 2018年9月20日、またも山中洋希さんが大アカメを釣って標識放流しました。すごいピッチです。

クリックすると元のサイズで表示します


釣獲日: 2018年9月20日
釣り人:山中洋希 (ヤマナカ ヒロキ)さん
住所 :高知市在住
全長:108cm
標準体長:98cm
体重:19s


 山中弘樹さん おめでとうございます。
 お疲れさまでした。
0

2018/9/20

標識放流477号(本年23号)  再補

 掲載が遅くなりました。

 8月28日に再捕獲があり、再放流されました。

 釣り人は京都府の水本大志さんです。水本さんはアカメを釣って、標識が付いている事を確認、写真を撮って、アカメと自然を豊かにする会事務局長上杉一臣さんに連絡しました。
 その際、タグの画像のピントが甘くて、数字が読みづらく、いくとおりの読み方ができそうでした。そこで、JGFAの記録と付き合わせることで、判明しました。

 2018年4月18日に高知市在住の永野雪男さんが釣って、山中洋希さんが標識を装着して放流したアカメでした。

クリックすると元のサイズで表示します

 水本さん おめでとうございます。再捕記念の二宮正樹さん特製の赤めさ伊保記念ルアーを進呈します。
0

2018/9/18

標識放流476号(本年22号)  標識放流

 山中弘樹さんの怒濤の記録は続きます。9月17日、全長118pの大アカメをまたも釣って標識放流しました。

 さすがというか何と言うか。すごいですね。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


釣獲日: 2018年9月17日
釣り人:山中洋希 (ヤマナカ ヒロキ)さん
住所 :高知市在住
全長:118cm
標準体長:100cm


 山中弘樹さん おめでとうございます。
 お疲れさまでした。
0

2018/9/17

再捕獲されたアカメのこと  再補


 2018.9.15 滋賀県から遠征されてきていた中村 健(たける)さんが、標識の付いたアカメを釣りました。

 詳しいデータを報告します。

 何と、このアカメ、9月4日に、同じ場所で山中洋希さんが釣って標識放流したアカメでした。11日後に再び釣られたのです。
 山中さんの放流技術が優れている事が証明されました。

 9月4日の放流したときのデータです。
釣獲日: 2018年9月4日
釣り人:山中洋希 (ヤマナカ ヒロキ)さん
住所 :高知市在住
全長:117cm
標準体長:100cm
体重:27s
クリックすると元のサイズで表示します
 9月4日の放流前のアカメ


クリックすると元のサイズで表示します
 9月15日、中村 健さんが釣ったアカメ
全長:117cm
標準体長:100cm

でした。

 今度は誰が再々捕するのでしょうか。 あなた?

 
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ