アカメ調査室 2011年8月1日開設

2019/7/19

再再捕獲 標識放流502号(本年度12号)   再補

 アカメと自然を豊かにする会の事務局長から吃驚するメールをもらいました。

 「昨夜、標識のあるアカメが釣れたと連絡があり、岡田さんと行ってきました。 昨日の朝釣れたアカメらしく、まだダメージが残る魚体で、124pの大きなアカメでした。 山中くんに問い合わせたら、去年の10月7日に滋賀県の人が○○で釣った120cmでタグ&リリース。今年の7月9日に地元の人が○○にて121cmで再捕獲&再放流していることが解りました。 今回で再再捕獲ですが、そうなると124pは成長し過ぎですね(笑)。 3回エサ釣りで釣られたアカメになります。 今回、釣り上げた時に標識には気が付かず、知人から標識が着いているアカメのことを聞いたので、確認したらランディングネットに外れた標識が引っ掛かっていたそうです。 よく気が付いてくれました。 新たに標識を装着し、放流しました。」

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 (一回目)2018年10月7日、滋賀県在住の 中村 健 (ナカムラタケル)さんが2尾のアカメを釣って山中洋希さんが標識を装着し放流したときの1尾です。
 全長:120pでした。
 
(二回目)
 釣獲日: 2019年7月9日
 釣り人: 浦川信元 (ウラカワ シンヤ)さん
 全長:121cm
 標準体長:102cm

 (三回目)
 釣獲日: 2019年7月16日
 釣り人: 山本優樹さん(三重県在住)
 全長:121cm
 標準体長:102cm

 上杉さんの連絡では124pとあり、写真でも尾鰭は124の目盛りをさしていますが、口を開けて下顎の先端から計っていますので、口を閉じた状態で計れば121aだと思われますので121pとします。
 二回目からわずか1週間後に釣られたアカメです。

クリックすると元のサイズで表示します

 山本優樹さんにはアカメと自然を豊かにする会より、再捕獲記念特製ルアーを進呈しました。
 釣られた山本さん おめでとうございます。

 標識の確認、再標識装着された上杉事務局長、岡田 勝さん、お疲れさまでした。
3

2019/7/10

再捕獲 標識放流501号(本年度11号)  再補


 またも再捕!です。

 標識放流調査で大活躍中の山中洋希さんから、ビッグニュースが届きました。
 2019年7月9日、こちらもいつも標識放流に協力していただいている浦川信元(うらかわ しんや)さんがアカメを釣り、標識が着いていたので、山中さんに連絡して確認しました。このアカメは再放流されました。


クリックすると元のサイズで表示します
2018年10月7日、滋賀県在住の 中村 健 (ナカムラタケル)さんが2尾のアカメを釣って山中洋希さんが標識を装着し放流したときの1尾です。全長100pと120pを釣ったのですが、今回、再捕獲されたのは大きい方のアカメです。

クリックすると元のサイズで表示します
釣獲日:  2019年7月9日
釣り人: 浦川信元 (ウラカワ シンヤ)さん
全長:121cm
標準体長:102cm 

 このアカメは放流されたときから全長で1p成長していました。

 また、貴重なデータを得る事が出来ました。
 最初に釣って協力していただいた 中村 健 さん、お陰様で貴重な成果をえられました。
 いつもご協力してくださっている浦川信元さん、お疲れさまでした。ありがとうございました。

 標識放流調査の輪を広げて、活躍する山中洋希さん、お疲れさまでした。
 
6

2019/7/8

標識放流-500号(本年10号)  標識放流


祝!標識放流500個体達成!!
 これまでに私たちが標識放流したアカメが500個体となりました。みなさんおめでとうございます。お疲れさまです。

T&Rで活躍している山中洋希さんからメールをいただきました。

 大型アカメの標識放流でした。釣ったのは前田尚俊 (マエダ ナオトシ)さんです。
クリックすると元のサイズで表示します
 アカメを釣った前田さん

クリックすると元のサイズで表示します
 全長125pの大アカメ

釣獲日:2019年7月6日
釣り人:前田尚俊 (マエダ ナオトシ)さん
全長:125p
標準体長:108p

クリックすると元のサイズで表示します
 標識を装着する山中洋希さん

 前田さん おめでとうございます。

 山中洋希さん お疲れさまでした。
8
タグ: アカメ 標識放流 T&R

2019/6/26

標識放流-498-499号(本年8-9号)  標識放流

岡田 勝さんから、またも嬉しいメールをいただきました。2019.6.23と24日に2尾の同じサイズのアカメを釣って標識放流したそうです。
 岡田さん 流石です。おめでとうございます。
 岡田さんの標識放流した総数はこれで172尾になります。岡田さんすごいです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

釣獲日:2019年6月23日
釣り人:岡田 勝さん
全長:47p
標準体長:40p



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

釣獲日:2019年6月24日
釣り人:岡田 勝さん
全長:47p
標準体長:41p

 岡田さん おめでとうございます。
 お疲れさまでした。

 画像の提供は全て岡田 勝さんです。



1
タグ: アカメ 標識放流 T&R

2019/6/23

標識放流-497号(本年7号)=再々捕  標識放流


 またもやビッグニュースです!!
  2018年10月7日、香川県在住の小笠原圭太さんが釣って標識放流した130pのアカメが、今年5月29日、ヒデはやしさんによって再捕獲され、ここでお知らせしていました。ヒデはやしさんが再捕された魚体は132pに成長していました。
 その同じアカメが6月13日、またも釣られました。再々捕獲です。
 釣られたのは、高知市在住の中川大輔さん。
クリックすると元のサイズで表示します

 アカメに付けられていた標識によりそのことが判りました。
クリックすると元のサイズで表示します

 これまでも、多い捕獲例は5回というのもあります。
 数回捕獲されるという例は大型魚が多いという傾向がありますが、まだ数例ですので傾向があるという事しか言えません。
 これまでの再捕獲で確実に判った事は、「アカメは強靱である。リリースはきちんと行えばアカメにはとても有効である。」ということです。
 インターネット上でアカメの死骸が浮かんでいるショッキングな画像が何度も紹介されたりして、リリースの有効性に疑問をもたれている方もいるようですが。

 アカメと自然を豊かにする会事務局長上杉一臣さんは同会の岡田 勝さんとともに百数十尾のアカメの標識放流を行ってきています。その上杉さんがリリースについて書かれた文章を下記に紹介します。

 〇アカメをキャッチしてからリリースまでの流れ(私の場合)
 直接お会いした方には、既にお話したことがあると思います。アカメが大きいほど当然その体は重くランディングが大変なので、自分が水面に近くなる足場の低い場所、できればウェーディングしての釣りを心がけています。
激しいファイトの末に体力を使い切ったアカメを浅瀬へ誘導しランディングします。まず、フィッシュグリップで下アゴを掴み、必ずプライヤーを使いルアーのフックを外します。(突然暴れてフックが自分に刺さらないように)
フックを外したら、ストリンガーを下アゴの膜の部分に穴をあけて通します。(ロープなどをエラへ通すのはNGです。(エラを傷つけてしまう為。)
すぐに蘇生に入ります。口を拡げエラに水を通してあげてください。クタクタに疲れた状態ですので、自力で体を起こせない場合は軽く手を添えて(魚体が傷付かない程度に)アシストしてあげてください。次第に各ヒレを動かし自らの力で体制をキープできるようになります。そうなれば、少しロープを伸ばしてアカメが落ち着くところで休ませます。
その間に写真撮影の準備をしながら、自らの呼吸も整えます。特に初めてのキャッチの場合、自身も興奮のあまり酸欠になりがちです(笑)。この間、しっかりとした強度を持ったストリンガーで繋いでないと、逃げてしまうことがあるので要注意です。(ストリンガーを外して逃げられた話は絶えません。)
 サイズを測る場合、魚体が出来るだけ傷付かないように、摩擦の少ないブルーシートの使用をオススメします。
 アカメの体力が戻ったところで、シートを濡らしゆっくりとアカメを手繰り寄せシートの上に寝かせメジャーで計測します。デザイン魚拓を作りたい場合は、できるだけ迅速に魚全体、頭部のアップ、胴体のアップ、尻尾のアップ、各ヒレのアップの写真を撮り、アカメを再び水中へ戻します。
 次は、自分も入水しアカメと記念撮影です。写真を撮ってくれる優しい仲間がいるので釣れた時は甘えさせてもらっています。水に入ることでアカメへのダメージが少なく済むことに加え、撮影の瞬間だけ持ち上げれば良いので魚の重さからも多少なり解放されます。水に入れない場合は弱らない様に急ピッチで撮影する必要があるので、入れる場所の方が気持ち的にも時間的にも余裕が持てるので楽です(特に綺麗な写真を残したい方にはオススメです)。
 アカメは大きいと非常に重量があり(80p後半で10sに達する個体も居ます)、グネグネ動いたりすると慣れない内は非常に持ち難い魚です。 持ち方の例としては、片方の手で下アゴの根本付近(一番厚みのある部分)をしっかりと持ち、もう片方の手で内臓の後端である肛門付近を支えます。この部分には、ちょうど尻ビレの最前列にある太く短い棘がありますので、くれぐれも怪我をしないように棘を畳むようなイメージで手を添えます。相手は生き物ですので、怪我をしないように慎重に行ってください。(ザラザラした歯や鋭い棘で怪我をしないようにグローブの着用をオススメします。)
 撮影が終わったら、いよいよリリースします。
 水中のアカメは大変美しく、何度見ても惚れ惚れします。その美しさをしっかりと記憶に焼き付け、釣れてくれた感謝の気持ちを胸にゆっくりと放します。
 悠然と泳ぎ去る姿を見ていると、色々な感情が駆け巡ります。なかなか釣れず、苦しかった日々のことや、壮絶だったファイト。アカメやフィールド、仲間への感謝の気持ちなど・・・。釣れる時は、あっさりと釣れてしまうアカメ。しかし大半は、なかなかヒットせず苦戦を強いられることが多いものです。一匹のアカメとの出会いで、全てが報われます。
 以上が私のキャッチからリリースまでの一連の流れです。この釣りにハマると、私のようにマニアックな方向に走る方も少なくありません。アカメのことを勉強し、経験を積むことでアカメの強さや弱さが少しずつ見えてきました。
アカメが他の魚に比べるとタフであるなら、尚更のこと丁寧に慎重に接することでリリース後の生存に「確かな自信」が持てる。そう考えるようになりました。
 アカメ釣りは特に、マニアックな釣りの代表格です。私以上にリリースに拘っている方も居ます。その理由として、アカメが持つ風貌、希少性、簡単には釣れない難しさなど、魔性の魅力を持った「奇跡の魚」であることが、自然とそうさせているのだと思います。アカメにどっぷりとハマった人には、知らない内に「アカメ愛」が芽生えているものです(笑)。
 〇終わりに
 最後に一つだけ、気をつけて頂きたいことがあります。くれぐれも自らを危険にさらしてまでアカメを気遣うことは避けてください。釣り場やその時の状況によっては、やりたいことが全てできないことも多々あります。事故が起こると大変です。ご家族や友人知人を、楽しいはずの釣りで悲しませてはいけませんし、そこで釣りができなくなっても困ります。
 無理がいかない範囲で、できることを一つでも二つでもやってあげればリリース後も生き延びていく可能性は拡がるはずです。しつこいようですが、無理は禁物です。
安全に、楽しく、思いやりを持って、素晴らしい釣りを(^^♪
よろしくお願い致します。
」以上原文のまま。フェイスブック「高知のアカメ釣りを未来へ残そう!!」より引用。

クリックすると元のサイズで表示します
 リリースして泳ぎ去る大アカメを優しく見守る中川さん。 とても暖かい画像です。ここで使わせてもらった画像は全て上杉一臣さん提供です。

クリックすると元のサイズで表示します
 再捕獲して連絡して頂いた方にプレゼントの再捕記念ルアーを手にする中川大輔さん。

 中川さん おめでとうございます。ご協力ありがとうございました。

 上杉一臣さん、アカメ釣りを未来に残そうと様々な活動を精力的に行っている弘瀬伸洋さんが現場に駆けつけて、放流などに協力されています。
 上杉さん、弘瀬さん お疲れさまでした。
4
タグ: 再捕獲 アカメ T&R



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ