がらくたどう管理人@河童です。 ここはコラム用のスペースです。模型ジャンル以外の内容の話になってます。 コラムということで体裁はブログ形式ですが、 ・コメントは受け付けておりません ・トラックバックは受け付けておりません ・記事更新は全く不定期です。 ・要するにチラシの裏です。 以上、ご理解の程宜しくお願い申し上げます。
Android アプリ「Torque」  

 そもそもの発端は、前に乗っていた下駄keiのエンジンブロー。何らかの情報を事前に知ることが出来れば、ブローさせる前に異変に気付けたかもと思い、次に買ったアルトバンにはシルビアに装着しているDefiのメーターを移植しようかと画策した事に始まる。で、センサー取り付けをシミュレートして判ったのだが、アルトバンに油温及び油圧センサーを取り付けるのが中々面倒くさいということ。一番楽なのはオイルフィルターの根っこにオイルブロックを咬ましてそこにセンサーを挿す方法なのだが、アルトバンの当該部分はクリアランスが少な過ぎて、どう見繕っても二つのセンサーを挟む余裕がない。と、そんな話をアルトバンを買うときに世話になった模型仲間に話してたら、「OBD2コネクタからEcU信号取り出したら、油温や油圧は無理かも知れないけど水温とかエラー診断とかエンジンの色々な情報がスマホで表示できまっせ!」と教えて貰った。そのスマホ用アプリが
「Torque」
という代物。アルトバンでも可能かどうか試すため、その知人からOBD2用のELM327というドングルを借りまして、「Torque」のfree版をスマホにインスコして試したところ、どうやらアルトバンでもちゃんと使えることが判ったので、改めて密林からELM327を1300円弱で購入。尚、私が購入したELM327ドングル付属のCDに入ってるプログラムを使用すると、ノートパソコン等でデータを取り出せるらしいのだが、同時に漏れなくPCがトロイ型ウィルスに感染するらしい(笑)
">ELM327ドングル
 仕組みは、ELM327で受信したECUからのフィードバック情報を、Bluetoothでペアリングしたスマホに送信して、「Torque」が画面上に視覚情報として表示してくれるというもの。ただ受け取った水温・エンジン回転・吸気温度等の情報を表示するだけではなく、各種信号を相関させて理論値みたいなのを弾き出して数値化してくれたり(エンジン負荷・燃費・空燃費・馬力・・・等)、スマホのブラウザ機能やGPSやGセンサーを利用して様々な付加機能を持たせている。当然、ECUからの情報を元にしているので故障コードによる自己診断機能も搭載と、非常に便利なアプリである。
クリックすると元のサイズで表示します
 ただし、電源もOBD2コネクターから常時電源を取り出しているため、ドングルを常時接続してしまうとエンジンOFFでも通電してしまう。これを避けるために、OBD2の車両側コネクターとELM327の間に暖簾分け配線を施してやり、電源部を常時電源からIGN電源に変更してやった。当初パーツ屋で材料揃えて暖簾分け線を自作しようとしたのだが、思いの外コネクターが高価。結局自分で材料揃えて自作しても、PIVOTというメーカーから出ている配線分割キットを流用しても大して変わらないことになったので、このキットを調達して使用した。

この際、イグニッション系の配線から電源を取り出しつつ途中にロッカースイッチを挟んで、「Torque」を使用しないときにはELM327に通電させないように加工をした。

 さて、試しに使ったときはFREE版を使用したのだが、今回は正式に搭載することにしたのでアプリもpro版という有料版を320円で購入。スマホのBluetoothを起動させると直ぐにELM327を勝手に探してペアリングしてくれる。GPSもONにして「Torque」を起動させると
  クリックすると元のサイズで表示します
↑こんな画面になる。どうやら現在の仕様だと日本語化パッチが施されていているようだ。最初に愛車プロフィールというのを登録する。名称は「下駄アルトバン」にした。排気量や各種データの基準値を入力しておくと、ECUから拾った信号をアプリ側で計算することで、「Torque」独自の情報を提供してくれるようになる。表示させるデータや表示形態は自分で自由にカスタム出来る優れ物。また、画面も7ページ各々別のデータ表示を並べることが出来るので、用途に合わせて複数のレイアウトを構築し、必要に応じて画面を切り替えるという使い方も可能。

 で、色々表示させて検討した結果、以下のようなレイアウトに辿り着いた。
クリックすると元のサイズで表示します
 先ずはECUが各センサーから取り出したデータの表示と接続診断情報。走行中に必要な情報表示ではないのだが、見た目に色んな数字が出ていて「あ〜、俺ちゃんの車、動いてる〜」と自己満に浸れる事請け合い。

 次が、走行中に一応気になる情報を6種類メーター表示させたもの。
クリックすると元のサイズで表示します
配置は
水温/エアフロ電圧
負圧/吸気温度
スロポジ/エンジン負荷
の並びとした。どれも異常値が出ればメーターの警告灯が点灯する類の物だが、こうして視覚化して見れるというだけで、何故か安心感が得られる。また、負圧・スロポジ・エンジン負荷(スロットルバルブ開度)を知ることで、省エネ走行に非常に役立つこと請け合い。エコエコと最近言われるが、レシプロエンジンで燃料消費が多くなるのは、ここらのバランスが悪い、もしくは仕事させ過ぎの時である。つまり、ゆっくり走ればエコになるって単純な話ではなく、負圧やスロットル関係の数値を見ながらこれらのメーターの針やゲージが穏やかな動きになるような運転を心掛けた方が良いわけだ。とくに山道が多い田舎者の私の場合、登坂降坂の急な道を利用することが多いので、お役立ち度満点である。

 また、GPSとネットブラウジング機能を利用することで、こんな表示も出来る。
クリックすると元のサイズで表示します
 GoogleMapからの地図情報を元に、簡易的な道路情報と自車位置を表示させている。ただ、この地図表示は自車の進行方角が分からないので、下に方位磁針を表示させている。更に、ついでにこの画面でも水温だけはチェックできるようにしてある。仕事で遠出する時には、基本的にこの画面を表示させている。


クリックすると元のサイズで表示します
 それから、ステアリングコラム上に設置したタコメーターの影響で、速度が少々判りにくいので、地元の近場を移動する際には、地元だけに道路情報はGoogleMapより自分の脳の方が詳しいこともあり、この速度情報を中心とした画面で使用している。下にスペースが余ったので、バーゲージ表示の水温計とグラフ表示のエンジン負荷を同時表示させている。このアプリは、私の使用しているXperia acro So-02Cという処理能力もメモリーも色々な意味でダメなスマホでさえこれだけ表示出来るのだが、他の処理能力が高いマトモなスマホの能力があれば、もっと多くの情報を、用意されている7ページ全てを使って表示する事が出来るだろう。
 ・0-100k/h 時間
 ・0-200km/h 時間
 ・0-60mph 時間
 ・1/4 マイル 時間
 ・1/8 マイル 時間
 ・100-0km/H 時間
 ・40-60マイル 時間
 ・60-0マイル 時間
 ・60-120mph 時間
 ・60-80mph 時間
 ・80-100マイル/1時間
 ・加速度センサ(トータル)
 ・加速度センサ(X軸)
 ・加速度センサ(Y軸)
 ・加速度センサ(Z軸)
 ・空燃比(計算後)
 ・平均車速
 ・燃空当量比
 ・エンジンクーラント温度
 ・エンジン負荷
 ・エンジン回転数
 ・燃費(トリップ)
 ・燃料流量/時間
 ・燃料圧力
 ・燃料消費量(トリップ)
 ・GPS精度
 ・GPS高度
 ・GPS衛星数
 ・GPSとODBの速度差
 ・駆動力
 ・インテーク空気温度
 ・インマニ圧
 ・エアフローレート
 ・マイル/ガロン(瞬間値)
 ・マイル/ガロン(長時間平均)
 ・O2電圧 バンクセンサー
 ・相対的スロットル位置
 ・車速(GPS)
 ・車速(OBD)
 ・スロットルポジション(マニフォールド)
 ・点火進角
 ・トリップに対する平均燃料消費量(Km/L)
 ・平均MPG
 ・トリップ距離
 ・トリップ距離(車両プロフィールに保存)
 ・トリップタイム(今回起動時)
 ・トリップ時間(アイドリング含む)
 ・トリップタイム(アイドル時間含む)
 ・正圧負圧計測値
 ・電圧(コントロールモジュール)
 ・電圧(ODBアダプタ)
と、私の下駄アルトバンでさえこれだけの情報を表示し、一部の表示に関してはアプリ側でデータ同士を掛け合わせて、燃費関連項目やエンジン出力のような性能関連項目等も数値化することが出来る様だ。アプリに用意されている項目は他に沢山あるのだが、あくまで搭載されているセンサーに依って得られる情報は増減し、例えば純正でセンサーさえ装備されていれば、油温やオートマTM内油温や排気温度なんかを表示できる車種も存在するようである。
 また、このリニアデータモニタリング機能だけではなく、グーグルMAPの衛星画像を利用した位置表示機能(MAP VIEW)、故障コードチェックのダイアグノーシス機能(CHECK FAULT CODE)、主要情報を一括でグラフ表示する機能(Graphing)等も用意されている。しかしながら、機能多彩な反面バッテリーの消費はハンパでないので、使用時には充電用電源を挿しっぱなしにしておかないと直ぐに残量が空になります。

 こうした情報を視覚情報化して表示する機械は、随分前から色々市場に存在していたので、基本的な機能その物は決して珍しい物ではないんだが、そうした機械は概して数万円する製品であった。ところが、この「Torque」はELM327関連で4000円程の出費が必要だったものの、アプリその物は320円で売られている。思えばスマホにはGPSを用いたナビ機能(ネット接続により随時最新地図利用可能のオマケ付き)、音楽プレイヤー機能、動画録再機能、カメラ機能、ワンセグ機能など従来カーアクセサリーとして個々に買わねばならなかった機器の機能が悉く搭載されているので、そういう意味ではカーエレクトロニクス分野で商品開発にシノギを削ってきた既存メーカーには益々驚異な存在になっているんじゃなかろうかね。





※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ