天穂日命の像奉納計画!!!!

  
  一昨年2011年暮れには福本の白兎神社に兎像の奉納を、そして、2012年には瀬織津姫石像奉納を計画して今年3月には、鳥取市桜谷の桜谷神社へ無事に奉納することができました。
 いずれも地元の氏子の皆さんをはじめとしてお喜びいただいているのではないかと思いますし、神々の顕彰に少しでも役立っているものと思います。。

  八上白兎ファンクラブとして、次回の奉納計画をずっと考えておりました。
 因幡で大切な祖先神、天穂日命の顕彰活動が重要ではないかと思います。

 因幡全土が土師氏の拠点ともいってよいくらい土師氏ルーツの方が多く、因幡の白兎、白兎信仰とも重なりあっています。 
 
 ところで、瀬織津姫の奥都城が六甲にあり、その瀬織津姫の磐座の真東、直線距離にしてわずか300メートルの地点に天穂日命の磐座が位置しているのです。そこから冬至の日の出方向にピタリと、天穂日命を主祭神とする芦屋神社があります。
 これは推定ですが、出雲で大己貴命を奉ることを使命とされた天穂日命は、晩年には、この六甲山へお越しになって、そこで神上がられた(逝去された)のではないでしょうか。そして、その場所の決定に関しては、前後関係は不明ですが、瀬織津姫の奥都城(予定地)をお守りする意図があったのではないでしょうか。

 それはともかく、天穂日命の子孫である菅原氏や大江氏、秋篠氏の系統は、皇室、日本の国を守るために大きな活躍をされた人物を多く輩出しています。その元となる天照大神の第一子の御子神である天穂日命を、日本で最も御縁が深い因幡の地において顕彰することは大切だと思います。
 第3弾の像の奉納計画として天穂日命の像を考えております。
 この夏に、奉納先の神社を決定するつもりです。

クリックすると元のサイズで表示します

 六甲山 天穂日命の磐座
1


コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ