北海道北見市にある学校法人栗原学園と学校法人北見明和学園のブログです。高等課程・観光ビジネス(中国語・韓国語・英語)・医療事務・経理事務・プログラマ・幼稚園教諭・保育士・歯科衛生士・介護福祉士の養成をしている専門学校の学生たちと、認定こども園の園児たちの日常を紹介していきます。

2019/9/12

令和元年度 北見市子育て支援員研修  栗原学園本部

クリックすると元のサイズで表示します

1. 実施目的
 「子ども・子育て支援制度」がスタートし、小規模保育、家庭的保育等の地域型保育や、地域子ども・子育て支援事業等の担い手となる人材の確保が求められています。
 そこで、保育や子育て支援等の仕事に関心を持ち、地域で保育や子育て支援分野の各事業に従事することを希望する方、又は従事している方を対象として、必要な知識や技能等を修得した「子育て支援員」を養成する研修を実施することになりました。

2. 子育て支援員とは
 北見市が定めた研修(「基本研修」及び「専門研修」)を修了し、保育や子育て支援分野の各事業等に従事する上で、必要な知識や技能等を修得したと認められる方のことです。
 委託先として、学校法人栗原学園 オホーツク社会福祉専門学校で、「北見市子育て支援員研修」を実施し、北見市が本研修の修了者を、全国で通用する「子育て支援員※」として認定します。(※国家資格ではありません。)

3. 子育て支援員になると
 研修を修了し、子育て支援員として認定された方は、小規模保育や家庭的保育、子育てひろば、学童クラブなどで活躍することが期待されています。

4. 研修実施主体
北見市
学校法人栗原学園 オホーツク社会福祉専門学校が、
北見市より委託を受けて実施します。

5. 募集内容

(1) 対象者
 北見市に住民登録がある方で、保育や子育て支援などの仕事に関心を持ち、保育や子育て支援分野の各事業などの補助的な業務に従事することを希望する方。

(2) 研修日程・場所
 2019年7月13日(土)より、受講コースごとに順次開始します。開催場所は本学(見学実習は除く)となります。受講コースによって、日程が異なりますので、詳しくは「日程」をご覧ください。

(3) 参加費用
 研修への参加費用は無料です。ただし、会場への交通費及び昼食代は自己負担となります。なお、コースによってはテキスト代等に係る費用などがかかる場合がございます。詳しくは各コースの「募集要項」をご覧ください。

(4) 申込期限
 2019年6月3日(月) 〜 6月17日(月)(必着)
 ※期限以降に提出された場合は受講できません。

(5) 各コースの概要及び申込関係書類

地域保育コース
 「子ども・子育て支援新制度」によって地域型保育として位置づけられた小規模保育、家庭的保育(保育ママ)、事業所内保育や一時預かりの保育従事者として勤務する方向けのコース。

地域子育て支援コース
 地域子育て支援拠点(公共施設等の身近な場所で子育て中の親子の交流や育児相談、育児に関する情報提供を行う場)や、利用者支援事業(子育てひろばや子供家庭支援センター等で利用者支援を実施。

放課後児童コース
 学童クラブ(保護者が就労等により昼間家庭にいない児童に対し、放課後等に適切な遊びや生活の場を提供する場)に従事する放課後児童支援員の補助者として、勤務する方向けのコースです。

社会的養護コース
 社会的養護(保護者のいない児童や、保護者に監護させることが適当でない児童を、公的責任で社会的に養育・保護し、養育に大きな困難を抱える家庭への支援を行うこと)における補助的な支援者として、児童養護施設で勤務する方向けのコースです。


(6) 申込方法及び申込先 

募集要項をご参照いただいたうえで、受講申込書に必要事項を記入の上、郵送またはFAXにて申し込みください(受講者推薦書及び実務経験証明書を提出される方は必ず郵送にて申込みください。FAXでは受け付けできません)。

申込に関するお問合せ先
 〒 090-8509 北見市大通西2丁目1番地
 まちきた大通ビル庁舎4F
 北見市こども未来部 保育課
 TEL:0157-25-1625   FAX:0157-25-1621  


研修に関するお問合せ先
 〒 090-0817 北海道北見市常盤町3丁目14番18号
オホーツク社会福祉専門学校 子育て支援員研修担当
  TEL:0157-25-2310

(7) 受講者の決定 
  6月下旬 から 7月上旬 予定

6.申込用紙・概要・全日程ダウンロード



下記からクリックしてダウンロードしてください。

 北見市子育て支援研修 概要

 北見市子育て支援研修 全日程

 北見市子育て支援研修 受講申込書

 北見市子育て支援研修 受講者推薦書

 北見市子育て支援研修 実務経験証明書




コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ