北海道北見市にある学校法人栗原学園と学校法人北見明和学園のブログです。高等課程・観光ビジネス(中国語・韓国語・英語)・医療事務・経理事務・プログラマ・幼稚園教諭・保育士・歯科衛生士・介護福祉士の養成をしている専門学校の学生たちと、認定こども園の園児たちの日常を紹介していきます。

2019/7/23

令和元年 ホテル観光 1年生 ピアソン記念館 市内フィールドワーク 【ホテル観光ビジネス学科】  ホテル観光ビジネス学科

令和元年度 北見情報ビジネス専門学校 ホテル観光ビジネス学科 1年生 「観光演習」  フィールドワーク の紹介です

この授業は、旅行を中心とした「プランニング」を目的に、@事前調査 A現地確認を行い その後、計画(PLAN) 実行(Do) 検証(See)を実施しながら実践力を身に着けます。


1年生は、6・7月に、自分たちの生まれ育った北見の歴史について学びます

はじめに「北見の精神文化」のよりどころとして今も多くの市民に親しまれている、ピアソン夫妻

なぜ、今から105年も前に来た外国の夫妻が今も愛されているのか
「ピアソン記念館」へ、その歴史を探りに GO 
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
ピアソン記念館は、学校から自転車で10分のところにあり、この日は天候も良く、それぞれの事前調査と質問内容をもって、いざ出発です

クリックすると元のサイズで表示します
ピアソン記念館に到着

余談ですが、ピアソン記念館の反対側には
64年前に、私たちの通う学校「栗原学園」
が、一番最初にできた場所だそうです。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
ピアソン記念館 管理人の方から、ピアソン夫妻について説明して頂きました。
記念館はいろんな外国の方が来られるので、タブレットを貸し出していますが、北見に住む外国人のボランティアがそれぞれの母国語である、英語・中国語・韓国語で収録したガイドでした。


クリックすると元のサイズで表示します
当時100年以上前からある、アメリカ製のオルガン。
今でも現役 イベントの演奏会などで音色を披露中!!館内では自由に弾けるようです。
ピアノを弾ける一人がチャレンジ腕前は・・

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
ここはシンガー「MISIA(ミーシャ)」のプロモーション撮影場所。3人でプロモーション風

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
この部屋には、ピアソン夫妻と交流のあった著名人が紹介されています。心の灯台 内村鑑三 などなど。
右の写真は「坂本竜馬」実は坂本龍馬の甥で、「坂本直寛」は北見の開拓団「北光社」の社長
ピアソン夫妻とは深いつながりがあったんですね


クリックすると元のサイズで表示します
こちらは、ピアソン夫妻の故郷、エリザベス市の展示で、今年は姉妹都市交流50周年
7月にはエリザベス市長をはじめとする訪問団が北見へ来北するそうです交流できるかな


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは、ピアソン夫妻がエリザベス市へ帰国した後、この家の保存に尽力した、唐笠何蝶氏(とうがさ かちょう:本名 学)の展示です。 こちらの部屋にもオルガンがありました。北見市の産婦人科の医師であり、俳人だそうです。



こちらには、この家の設計をした「W・M・ヴォーリズ」の展示がされています。
平成7年に、この家がヴォーリズの設計したものだと分かりました。
この方、リップで有名なメンソレータム(現メンターム)を作った人です。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
 玄関先にある、ピアソン夫妻がアメリカから取り寄せた鐘です

クリックすると元のサイズで表示します
ピアソン記念館でピアソン夫妻と北見の歴史をいろいろ学びました

@大正3年に北見に来北し、北見の開拓者の心のよりどころであり、
 日本で最後の宣教活動地であること。

A女性の人権を守る活動で、北海道唯一「遊郭」が出来なかったこと。

B自費を投じて、野付牛中学校(現:北見北斗高校)の学生寮を造り、
 遠方から通う学生の支援を行っていたこと。


北見の誇りを一つ学んできました。

来週は、「世界一のハッカ王国 北見」かつて世界の70%のシェア占めていた、北見ハッカの歴史を学びに「北見ハッカ記念館・薄荷蒸溜館」に行ってきます




コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ