アカメ調査室 2011年8月1日開設

 

再捕記念ルアーが2種類になります  再補

 再捕記念ルアーが2種類になります

 再捕獲されデータを採集後再放流した釣り人に、アカメと自然を豊かにする会から記念としてタックルハウス特製ルアーを贈呈してきました。

 このルアーは、アカメと自然を豊かにする会の取り組みに賛同していただいた二宮正樹さんが、色々と考えてくださり「特徴ある幼魚の模様をデザインしてみます」と製作して頂いたカスタム・ルアーです。1個ごと、二宮さんが「祝再捕とN.NINO」と手書きのサインが描き込まれ、その上からさらにコーティングされています。ですので1個として同じルアーはありません。
 これまでも、これからも市販されることはありません。
 この特別なルアーは、アカメの標識放流でタグのついたアカメを釣られて、報告して下さった方だけに贈られるものです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


 タックルハウスからすでに数十個の再捕記念ルアーを提供していただいておりますが、最初とは想定外の再捕獲状況になってきました。「豊かにする会」も二宮さんも短期間に1人の釣り人が何度も再捕獲する、あるいは同じ個体を再捕獲するなどということは思いもよらない事でした(これらのデータは、アカメの生態を知る上でとても貴重なもので、嬉しい悲鳴です)。

 ただ、この特別なカスタム・ルアーは簡単に量産できるものではなく、タックルハウス社の生産過程の合間に特別に時間をとって無償で作ってもらっています。
 2020年9月現在、2019年7月24日よりこれまでに13回の再捕がありましたが、アカメ幼魚カスタムルアーが品切れとなって、いまだにお渡しできておりません。
 タックルハウス社と二宮さんにご無理をお願いして、最近16個の特製ルアーを製造して送って頂きました。
 そこで2019年7月24日以降からのアカメ幼魚カスタムルアーは、再捕獲された方、お一人につき1個のみとさせていただき、複数回ご協力頂いた方には、二宮さんがデザインされたノーマルなルアーに、二宮さんのサインを、また、再捕年月日をアカメと自然を豊かにする会の長野、あるいは上杉事務局長が記入した再捕記念特製ルアー1個を進呈させて頂くということになりました。
 
 以上のように変更させて頂きますので、何卒ご了解を頂き引き続きご協力をよろしくお願いします。

 
7



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ